人気ブログランキング |

調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


仕込む! ゴーヤーの梅酢漬け!


沖縄を代表する健康野菜、ゴーヤー。
本土では「ゴーヤ」と、最後を伸ばさずに呼ばれますが、
沖縄では「ゴーヤー」と、最後を伸ばして呼ばれています。

ビタミンCを豊富に含み、油との相性は抜群。
チャンプルーにして食べられることが多いですが、
薄くスライスして水にさらせば生食でもいけます。
そして今回は、一風変わったゴーヤーの梅酢漬けに挑戦してみました。

○5/18 ゴーヤの梅酢漬け

ゴーヤー……大3本(ワタを取り、正味650g)
塩……65g(ゴーヤーの10%)
氷砂糖……325g(ゴーヤーの50%)
梅干し……5個

1)ゴーヤーを丁寧に洗い、両端を切る。
縦半分に割り、中のワタ、種をきれいにこそぎ取る。
およそ4cmを目安に、短冊切りにする。

2)深めのタッパーなどに、ゴーヤーと塩を交互に詰めていく。
ひたひたになるくらいに水を注ぐ。多すぎると、ゴーヤーが浮いてしまうので注意。
密閉し、冷暗所で2~3日ほど置く(下漬け)。

3)下漬けが済んだゴーヤーは、布巾で水気を丁寧に取る。
決して水で洗わないこと。

4)タッパーや漬け壷などに、ゴーヤーと梅干し、氷砂糖を交互に詰める。
密閉して冷暗所で寝かせる(本漬け)。

1ヵ月くらいしたら食べられて、1年くらいはそのまま持つそうです。
どうです? これって美味しそうじゃありません!?
学校の図書室でレシピ見つけて、ぎゅぎゅんとときめいてしまいました。
うっほっほ。ちょー楽しみ!!

とりあえず今日は下漬けまで進めました。
冷暗所……ってのも難しいので、とりあえず冷蔵庫で保管。
冷蔵庫だと冷たすぎるから、下漬けは3日かなー……。

早く明々後日になぁ~れ。

===

追記:早速、明々後日になりましたよ。ってことで、本漬け開始。



美味しくなぁ~れ!
by harumaki-33 | 2006-05-18 01:45 | レシピ(未分類)
<< 背骨が痛いのにおびえる33歳 梅雨入りはしたけれど >>