調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
鳥皮の使い道
鶏肉を料理に使うとき、鳥皮を取って使います。
鳥皮は美味しいけど、カロリー抑制の一環として。
けど、取った鳥皮は捨てません。
鳥皮は鳥皮で、美味しくいただきたいものです。

鳥皮料理と言えば鳥皮のから揚げが僕は大好きですが、
煮付けにしたり、かりかりに焼いたりするなど、結構あるものですよね。
今回はさっと湯がいて余分な油を落としてから、
刻んでゴーヤーと炒めてみました。



■ゴーヤーと鳥皮のオイスター炒め

鳥皮……2枚分(80gくらいかな?)
ゴーヤー……1/2本
酒……大さじ1
オイスターソース……小さじ2
醤油……味を見て、少々
ゴマ油……小さじ1強
ごま……適量

1)鳥皮を熱湯で2~3分茹で、水で洗う。5㎜幅に切り揃える。
2)ゴーヤーは2㎜厚ほどの薄切りにし、塩をふってよく混ぜ、5分ほど置いておく。
3)フライパンにごま油をひき、ゴーヤーを炒める。ゴーヤーに油がまわったら中弱火にし、ふたをして1分ほど蒸し焼きにする。(これ、ゴーヤーを炒めるときの、自分なりのコツです
4)鳥皮を加え、全体をよく和えて、酒、オイスターソース、醤油で味付けします。
5)仕上げにごまをふって、皿に盛ったら出来上がり。

これ、美味しいです!
さっと作れますし、ゴーヤーをチャンプルー以外の料理で食べたいときなど、試してみてください。

※鳥皮が余ったとき、1枚単位でラップに包んで冷凍しておきます。
炒め物にちょっとお肉的なものを加えたいときに重宝しています。

===

暑さ寒さも彼岸まで。
まさしくお彼岸の今日、東京は涼しく過ごしやすい1日になりました。
9月の終わりとともに、夏もまた。
まだスーパーで安いうちに、もう少しゴーヤーも食べておきたいところです。

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2011-09-23 23:49 | その他の料理
遠野・青春物語(w
  
崎陽軒のシウマイ⇒花巻の鹿踊り⇒釜石線

  
遠野と言えばジンキスカン⇒常堅寺の狛犬カッパ⇒民宿・曲がり家

  
南部曲がり家・千葉家⇒五百羅漢⇒五百羅漢その2

  
続石⇒続石その2(岩の上に草花が茂る)⇒早池峰神社

  
遠野はどぶろく特区⇒どんこの肝焼き⇒遠野まつり・南部踊り

連休を利用して、岩手県は遠野に遊びに行ってきました。
もうずっと前から行きたいと思っていて、念願かなっての遠野行です。

遠野と言えば、柳田國男の「遠野物語」。
遠野は山々に囲まれた土地で、そこでは様々な「昔話」が育まれて来ました。
それを柳田國男が土地の青年から聞き取り、編纂したのが「遠野物語」です。

中学時代、はるまき少年は偶然「遠野物語」に出会い、ただでさえ夢見がちなのに、
遠野でオシラサマに会いたい! マヨイガに迷い込みたい! とさらに夢見て、
ついには人生初の一人旅で、遠野を旅したのでした。
上野発の夜行列車(に宇都宮から途中乗車)~♪

さておき。

そんなわけで、およそ25年ぶりの遠野!
駅は綺麗になってるし、町もなんだか大きくなった印象でしたが、
駅を降りた瞬間の、なんとなく明るいような、開けたようなあの雰囲気は、
25年の時を越えて、ふっと感覚がよみがえるような気がしました。

そうだったんだ。俺のルーツはここにもあったんだ。

カッパ淵も、オシラサマも、五百羅漢も、25年前と変わらずにありました。
ジンギスカンも、うーまーいーーー!

25年前に泊まった宿には残念ながら(いっぱいで)泊まれませんでしたが、
代わりに「民宿・曲がり家」という素晴らしい宿に泊まることが出来ました。
25年前は飲めなかったどぶろくは、新鮮で、さわやかで、とっても美味しくて、
どこか懐かしい味がしました。

民話のふるさと、遠野。
そこは、わが青春のふるさとでもありました。
ああ、万感の想いをこめて汽笛がなる...(C)銀河鉄道999

なんつって!

また来たい。そう思いました。
[PR]
by harumaki-33 | 2011-09-20 22:26 | 雑記
クワンソー、咲いた!






先生、咲きました!
クワンソー、咲きました!(^▽^)/

朝6時に見たときはまだつぼみでした。
建物の関係で日影だったからだと思いますが、7時半ごろ見てみると、
ちょうど日が当たっていて、咲いてました!

4年もつぼみがつかず、諦めようかとも思ってましたが、諦めなくて良かった!
花はきっと咲く! ちゃんと日をあて、水をあげ続ければね!

追記:10月9日現在、計27輪開花。
[PR]
by harumaki-33 | 2011-09-15 07:51 | 雑記
いよいよ、か?


沖縄名、クワンソー。
標準和名、アキノワスレグサ。(※勿忘草ではない)

いよいとつぼみも大きくなり、黄色く色づいてきました。
まだ少し痩せている感じがしますが、いよいよ咲くか!?
それとも、まだあともう少しか!?

以上、経過報告でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2011-09-13 23:44 | 雑記
秋、ですね!
まだまだ残暑が続きそうな今日この頃ですが、朝夕はすでに秋の気配。
食べるものにも、秋の足音が近づいてきました。

秋の味覚と言えば、新米、栗、マツタケ、銀杏、さつまいも、梨。
海産物では秋刀魚、鮭、そしてイクラ(筋子)でしょう。
今年もさっそく作ってしまいました・・・イクラの醤油漬け!!!



キラッキラ! キラッキラ! スター・スター!
キラッキラ! キラッキラ! スター・スター♪
うーーーまーーーいーーーっ!(>▽<

贅沢の言い訳しても仕方ないですが、イクラは売れ残りの半額品を使わせていただきました。
東京価格ですが、2600円のものを1300円でゲット。
それでも安くはありませんが、てんこ盛りのイクラ丼にしておよそ6杯分出来ました。
外で食べたら1杯1000円はするので、お得したと信じたい所存であります!

以下、レシピ。

■材料
生筋子……正味300g

タレ
・醤油 大さじ4
・酒 大さじ3
・みりん 大さじ1
・一番だし 大さじ3
※タレのレシピは一例です。
だしを入れると日持ちしづらいので、醤油、酒、味醂を1ずつでブレンドしたり、
醤油2に対し、酒、味醂それぞれ1ずつなど、好みの味に仕上げてください。

塩水
・水(湯) 1リットル
・塩 30g

■作り方
1)手をつけてちょっと熱いくらいのお湯に塩を加え、そこに筋子をつけて筋を外し、そっとほぐす。
2)ザルにあけて湯を切り、新しく、今度は塩水を作って、残った筋を取り除く。
3)ザルに取り、ラップをかけて冷蔵庫に入れ、30分ほど置いて自然に水を切れるのを待つ。
4)タレの材料を小鍋に入れ、さっと沸騰させてアルコール分を飛ばしてから冷まします。
5)タッパーなどにイクラとタレを入れ、丸1日寝かせます。


仕込み直後


寝かせた後

イクラはタレを吸いこんで、ぷっくりふくれているのがわかると思います。
生のイクラをそのまま食べると、とくに塩味は感じません。ほとんど油のような感じです。
ですのでタレは、好みの味に仕上げてください。

嗚呼、我よくぞ日本人に生れけり! 日本に生れて良かった!!!
いろんな問題を抱えている日本だけど、それでもやっぱり日本が好きです。

本日もご馳走様でした!


===思いだしたように、宣伝===
電子書籍「体にやさしい お家で作れる沖縄そば」
http://okinawa-ebook.wook.jp/detail.html?id=212984
食欲の秋! 沖縄そばの秋!(?)
[PR]
by harumaki-33 | 2011-09-11 02:48 | 日本料理
先生、事件です!
業務連絡! 業務連絡?
N先生、見てますかー? N子さん、またはTさん、
もしご覧になっていたらお母さまにお伝えください!

我が家のクワンソーが、4年半の月日を越えて、1600Kmの距離を越えて、
今年、初めて咲くかもしれません!!



今朝、つぼみを発見しました。
毎日水を上げてたのに、朝はやっぱりぼーーーーっとしてるせいか、
こんなに花茎がのびてることに気付きませんでした。

今まで葉は枯れなかったものの、一向に花茎らしきものは伸びず、
気温なのか、日照なのか、やっぱり沖縄じゃないと咲かんかなぁと思ってましたが、
諦めずに水をやり続けてきて、よかった!
お米のとぎ汁も上げてたしね!

しかし、無事に咲くとは限りません。
また、クワンソーは早朝に開花し、朝のうちにしぼんでしまうとも聞きました。
あと数日、寝坊せずにチェックしたいと思います!

咲け! アキノワスレグサ!
[PR]
by harumaki-33 | 2011-09-06 00:11 | 雑記