調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
最新のコメント
お久しぶりです。お買いに..
by 徳山みえ子 at 10:40
>徳山 様 こんにちは..
by harumaki-33 at 00:38
初めまして!素敵な漆器で..
by 徳山みえ子 at 23:03
はじめまして! 我が家..
by 零 at 18:31
おお、higaさん! お..
by harumaki-33 at 23:47
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
腕はすぐ錆びる
包丁は砥がないと、すぐ錆ます。
料理の腕も同様で、料理をしなくなるとすぐ下手になります。
僕みたいに半端にかじったような人間はとくに・・・。

じつは春から外で働くようになり、前のように料理をする時間が無くなってしまいました。
とくに丸のまんまの魚を買ってきて捌くようなことは激減。
情けないことにウロコを取り残したり、包丁が中骨を貫通したりする始末です。
とほほー(´Д`

やっぱり鯵一匹でもマメに触っとかないとなーと、気持ちを新たにしました。
魚、美味しいですしね!

===

と、反省の話だけでもなんなので、料理の写真も。



特売のお刺身で寿司握りました! お寿司の握り方は忘れてなかった~(^^;
でもじつは、サイズがバラバラになっちゃったのは内緒です。

ところで、買ってきたお刺身の上にときどき乗っているタンポポ(食用菊)。
みなさんはどうしていますか?

あれはツマの一種です。紫蘇の花穂と同じように、ちょっとむしって、
上の写真のように散らしたりして食べます。
彩り&ほのかな香りが楽しめます。

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2011-08-30 23:27 | 雑記 | Comments(0)
蕎麦つゆのだしを取る
この数週間、忙しくてろくに料理が出来ませんでしたが、今日はオフ! 完全オフ!
やばい、手が震える! 料理禁断症状! 俺に料理を作らせろーーー!!!(><

ってことで、蕎麦つゆのだしを取りました。(地味っ!!)



でも、ある意味贅沢なんですよ。
煮干しに、昆布、干し椎茸にかつお節。オール国産。
蕎麦なんて、ほとんど瞬く間に食べ終わってしまうものに(一部誇大表現)、
これだけの材料を使うんですからね。

■蕎麦つゆのだしの取り方(一例)
水 700㏄
煮干し 正味10g 頭とワタを取っておく
昆布 小2枚(5g)
干し椎茸 小2個 水でさっと洗う
かつお節 20g

■作り方
1)かつお節以外のものを鍋に入れ、1時間ほど置いておく。
2)中火で熱し、アクをすくいながら5分煮る。
3)かつお節を加え、弱火に落とし、アクをすくい、様子を見ながら7~10分煮る。
※煮すぎて魚くささが出ないように気をつける。

これを漉して、別に作っておいたかえしを加えれば蕎麦つゆの完成!
だしとかえしの割合はお好みですが、かえし1に、だしが5~6くらいだと思います。
ちなみにかえしの作り方はこちら⇒http://harumaki33.exblog.jp/15550271

うむ! ふくよかで、でもきりっとひきしまった、いい汁が出来ました!
晩ご飯が楽しみダゼー!!!

さて、まだ少し時間があるので、残っただしで肉じゃがでも作ろうと思います。
うふふ~。
[PR]
by harumaki-33 | 2011-08-27 18:11 | 日本料理 | Comments(0)
牛蒡、生姜、油あげ
お弁当に、酒の肴に、さらっと頂く〆のご飯に、
常備がきくおかずを一品を紹介したいと思います。


なんつって、なんでもない田舎風のしぐれ煮なんですけどね(^^;

■材料
ごぼう 1/2本 細かめの笹がきにして、水にさらす
新生姜 2粒 薄くスライスしてから、細切りにする
油あげ 1枚 縦1/3ずつ切り、端から小口切りにする
・酒 1/2カップ
・味醂 1/4カップ
・砂糖 小さじ2
・醤油 大さじ1+α
・だし汁 1カップ

■作り方
1)醤油以外の材料を鍋に入れ、落としぶたをして中火で5分ほど煮る。
2)醤油を加え、味を見ながら好みの味に調え、落としぶたをして弱火で30分~1時間ほど、煮汁が少なくなるまで煮る。
3)煮汁が少なくなったら、強火で焦がさないようにしながら煮汁を飛ばす。



このままおかずにしてもいいですし、小鍋にだしをはって、このお惣菜を適量加え、卵とじにして丼に盛っても美味しいです。
丼にしたときは、七味か山椒をふると、なかなか乙にいただけます。

ごぼうに対して、同量か、やや少なめくらいに生姜を加えます。
煮つめるほどにしょうがの辛さが減り、甘味というか、生姜の風味がなじむ感じが肝。

本日も、ご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2011-08-21 00:33 | 日本料理 | Comments(0)
夏・野菜三昧!


手前から時計まわり順に、
・茗荷とわかめのお味噌
・いんげんのゴマ和え
・ピーマンと玉ねぎと油あげの炒めもの
・かぼちゃの田舎煮
・ナスと胡瓜と大葉の塩もみ

うーん、夏・野菜三昧! 幸せ!

===

先日の日曜日、実家の両親が遊びに来ました。
お土産に、地元産の野菜がたくさん持ってきてくれました。

本当にバカみたいに持ってくるので、以前は「こんなに持ってきてどうするの!」
なんて口ゲンカもしましたが、それもずいぶんバチあたりな話でしたねー。
やはり、その、なんというか、ありがたいなぁと……それぞれを噛みしめて味わいました。

親の気持ちもありがたく、農家の皆さんにもありがたく、
地震が起きても、原発が吹き飛んでも、たくましく育った野菜にもありがたく、
それらをこんなに美味しくいただけることに、日々感謝なのであります。

本日も、ご馳走様でした!


===宣伝===
電子書籍「体にやさしい お家で作れる沖縄そば」
http://okinawa-ebook.wook.jp/detail.html?id=212984
暑い夏こそ、休日の昼はスープのアク取り!
[PR]
by harumaki-33 | 2011-08-17 22:33 | 雑記 | Comments(0)
野菜スープご飯生活
ここ1ヵ月ほど、朝食を「野菜スープご飯」にしています。
野菜スープを一度に5日分ほど作り、それを毎朝1日分ずつ温め、
ご飯を加えて、簡単な雑炊にしていただきます。



美味しい! 簡単! 栄養も豊富!(のハズ!)
我ながら、いいものを思いつきました。

■材料(2人分×5日分)
キャベツ 1/6玉 1㎝~2㎝の角切りに
玉ねぎ 1/2玉 1㎝の角切りに
ズッキーニ 2/3本~1本 縦に4つ割りにし、端から1㎝の小口切りに
人参 2/3本~1本 5㎜程度の賽の目切りに
大根 1/5本  5㎜程度の賽の目切りに
プチトマト 8個 凍らしてから流水にあてて皮を剥き、1/2に切る
鶏胸肉 150g 皮を取り、水でよく洗っておく
===
トマト水煮缶 1缶
水 1.5リットル
無添加の粉末かつおだし 2袋 (もしくはコンソメキューブ2~3個でも)

※野菜はなんでもOKですが、じゃが芋やかぼちゃ、茄子などは型くずれしやすく、スープ全体がトロっとした仕上がりになります。
※鶏胸肉はダシ用です。入れなくてもかまいません。

■作り方

1)材料を全部鍋に入れ、1時間ほど弱火で煮る。

以上、終了!
コンソメの代わりにかつおだしでも美味しいです。
トマトとかつおが意外に合います。
塩はこれだけだと足りないので、小分けで食べる際に加えて、味を調えます。
粉チーズをふったり、粗挽き胡椒をふって食べても美味しいですヨ!

それまで朝食は、トースト、目玉焼き、千キャベツ、味噌汁のセットをいただいていたのですが、飽きたメンドクサイ、じゃなくて野菜の摂取量を多くしよう! と言うのと、ご飯を食べて日本の農家さんを応援したい! と思い、始めてみました。

油を使ってないので、スープは冷たいままでもいただけます。
ご飯を一度水で洗って加えれば、さらさら冷やしリゾット風で美味しいです。
あとダイエットと整腸効果もあるように、なんとなくですが感じています。
野菜スープご飯にしてからお腹の調子がよく、体重が安定しています。

そもそもは横着から始まったこと(あ、言っちゃった)ですが、野菜スープ、いいじゃ~ん?
横着万歳! 本日もご馳走様でした!

===

作ったスープは一旦冷まし、鍋ごと、あるいはタッパーにうつして冷蔵庫で保存してください。
取り扱いは清潔第一で、1週間くらいで食べきりましょう!

===宣伝===
食べて体がほっとする。美味しい、嬉しい、沖縄そば!
電子書籍「体にやさしい お家で作れる沖縄そば」
http://okinawa-ebook.wook.jp/detail.html?id=212984
ぜひ一度ご賞味ください(^^
[PR]
by harumaki-33 | 2011-08-13 14:08 | 西洋料理 | Comments(0)
リカバリー!
これはハズレそうだな~……
と思いつつ、安さにつられて買ったカツオがやっぱりハズレ。
途中で食べるのをやめて、トマト煮にしてみました。



■材料
カツオ(刺し身用)……1サクの2/3くらい 1㎝厚くらいに切る
茄子……1本 2㎝くらいの輪切りにし、さらに縦半分に切る
玉ねぎ……1/2個 1.5cmくらいの格子状に切る
プチトマト……5個 半分に切る
トマトの水煮……1/2缶(200g)
大葉、にんにく、おろししょうが……刺し身のツマに用意したものを流用
塩……小さじ1/2
胡椒……適量
オリーブ油……大さじ1
白ワイン……大さじ1

■下ごしらえ
1)トマトの水煮にプチトマトを加え、塩、胡椒で味付けし、オリーブ油を加えてよく混ぜる。
2)カツオの切り身を加えて5~6分置いておく。

■仕上げ
3)フライパンにオリーブ油(分量外:大さじ1)を加え、茄子と玉ねぎを炒める。
4)そこにまずカツオのみを加え、表面を焼きつける。白ワインを加え、強火でアルコールを飛ばす。
5)残ったトマト汁を加えて、強火で煮つめて出来上がり!

うむ! リカバリー、成功!

今から思えば、ローズマリーかクミンを加えても良かったかもです。
今度はハズレは引きたくないけど、もし引いたときにはやってみようと思います(笑

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2011-08-10 00:10 | 雑記 | Comments(0)
意外と難しい
もとより飯炊きが難しいのは身に沁みて知っておりますが、
圧力鍋+無水フタでの飯炊きに、かように苦心するとは!

無水フタを買ってから、じつに3回目の飯炊きで、ようやく
夢のように美味しいご飯の一歩手前にたどり着くことが出来ました。

無水フタは蒸気の逃がし口があるのですが、
1回目は完全に閉じて炊いてみました⇒柔らかい。
2回目は完全に開いて炊いてみました⇒固い&ちょい焦げ。
そして今回、3回目は1/3ほど開けて炊いてみたのですが、うむ!
しっとりとしてるけど、ふわっとしたご飯になりました!
うまい! うまいよ! 米、うまい!(>▽<


ぴっかぴかのツヤツヤ!!

しかしあとも~少しだけ、蒸気が飛ばせたら完璧でした。
次回は蒸気口を1/2、すなわち半分だけ開けて、
さらに火加減をもう少しだけ強くして炊いてみようと思います。

次こそ、夢のように美味しいご飯になりますように!

お前、土鍋でふつーにご飯炊けてなかったっけ? とか、気にしない!
だって無水フタ、欲しかったんだもの・・・。
本日もご馳走様でした!!

===

東北&北関東、ならびに周辺地域のお米が、放射能の影響を免れ、
どうか、どうか無事に育ち、収穫されますように。
心から願います。
[PR]
by harumaki-33 | 2011-08-08 22:54 | 雑記 | Comments(0)
無水フタ
無水鍋って知ってますか?
なんと50年もの歴史がある鍋だそうです。
僕は先日近所の金物屋さんで見つけるまで知りませんでした。
これがね~、物欲を刺激するナイスで素敵なデザインなんですよ!


詳しくはコチラ⇒http://www.musui.co.jp/index.html

ようするに、無水調理が出来る鍋です。
無水料理と言えばタジン鍋が流行りましたよね。
土鍋でも出来なくもないです。

うーん、欲しい。やっぱり、欲しい! しかし!
もはやうちの台所に、この鍋を置く余裕はなし!

でも、フタだけなら置けるんじゃね?
と考えて、無水フタなるものを買ってみました。
これです。


どいーん。

うちの圧力鍋、フィスラーくん専用の無水料理フタです。
取っ手の部分に蒸気調整口がついていて、圧力鍋で無水調理ができるようになります。
まだ試してませんが、ほうれん草のあく抜きをしたり、水を食わずに食材の水分だけで肉じゃがなども作れそうそうです。
うむ!



さーて何作ろうかな~♪
とりあえず、ご飯でも炊いてみようと思います。
夢のように美味しいご飯が炊けるのかな?
むふふ~!

ご飯の夢見て、寝ます。
お休みなさい!
[PR]
by harumaki-33 | 2011-08-01 22:51 | 雑記 | Comments(2)