調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
最新のコメント
お久しぶりです。お買いに..
by 徳山みえ子 at 10:40
>徳山 様 こんにちは..
by harumaki-33 at 00:38
初めまして!素敵な漆器で..
by 徳山みえ子 at 23:03
はじめまして! 我が家..
by 零 at 18:31
おお、higaさん! お..
by harumaki-33 at 23:47
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
【宣伝】ぼくのお仕事
僕の本業はグラフィックデザイナーです。
と言うと、なんかかっこ良さげですが、実際には1人で部屋にこもって、
ちくちくちくちく……と作業を繰り返す地味な仕事です。

その「ちくちくちくちく……」の成果がこのたび形になりました。
しかも今月と来月、連続で2冊リリースです!
僕はデザインを担当させていただきました。(著者ではありません!)

1冊目は先週発売になった「釣魚料理図鑑2 もっと食べたい!追求編」という本です。
日本の沿岸で釣れたり、獲れたりする、様々な魚介について食べ方を紹介しています。
ちなみに「1」も担当しました。


amazon.co.jp

この世で一番美味しい魚を食べられるのは釣り人だという話があります。
新鮮な魚には、それぞれの持ち味が生きています。
その貴重な命の輝きを味わえるのは釣り人だけ!
なんて聞くと、「雑魚」や「外道」なんて馬鹿に出来なくなりますよね。
読むとお腹が減って、釣りに行きたくなる一冊です。

===

そして2冊目は、来月5日に発売予定。「イカ・タコ識別図鑑」と言います。
日本の沿岸に生息するイカとタコの見分け方と、その生態を解説している本です。


amazon.co.jp

いやー、摩訶不思議なイカ・タコの世界!
こんなイカ・タコが日本の沿岸に住んでるの!? と、仕事をしながら驚きの連続でした。
さらにこの本には、それぞれのイカ・タコの食べ方も紹介しています。
アオリイカの卵の珍味!? 残念ながら撮影には立ち会えず、食べられませんでしたが、
一度味わってみたいものです……。

===

釣り人だけでなく、食いしん坊の皆さんにもオススメ出来る本になっていると思います。
貴重な写真も満載です。書店で見かけた際は、ぜひ手にとって見てみてください。

以上、久しぶりの宣伝でした♪
シクヨロ!
[PR]
by harumaki-33 | 2010-07-30 18:23 | 雑記 | Comments(0)
ちょっと考えた
f0070332_13133020.jpg

麦茶もまた輸入穀物のお世話になっていたとは!
いや、こういう表示が義務化してきたから気づいただけで、
高校時代、がぶ飲みしてたころからそうだったのかなぁ。

しかし考えてみれば当たり前かもしれませんね。
スーパーに行っても、コンビニに行っても、麦茶にウーロン茶がずらりと並んでます。
たぶん日本全国どこに行っても同じじゃないでしょうか。
その全部が国産の大麦だけでなかなえるのかと言えば……疑問です。
もしかして緑茶まで? いやまさか……。

麦茶飲みたいと思ったとき、ないという状況って考えにくいですが、それって普通じゃないのかも。普通じゃないのが普通になっているのだとしたら、やっぱりどこかで何かが破綻してるのかもしれないと、麦茶1本でややこしい話になってきたのでこのへんでおわる。
[PR]
by harumaki-33 | 2010-07-28 13:13 | 雑記 | Comments(0)
理想のカレーにもう一歩!


暑苦しいエントリーが連続してスミマセン。
味的にも、コスト的にもなかなかのカレーが出来ました。
うむ、うまい! なかなか、うまい!

目指したのは「オーソドックスだけど、ちょっとお店っぽいカレー」。
特別な作り方はしてませんが、けっこー美味しく出来たのでレシピを残しておこうと思います。

■材料(4皿分)※分量はだいたいです。
鶏の手羽元250g(フォークで穴をあけておく)、玉ねぎ大1/2個(みじん切り)、トマト水煮缶1/2缶(200g)、にんにくすりおろし大さじ1、しょうが1片程度(みじん切り)、油大さじ2、市販のカレールー70g(1/3箱)
クミンシード小さじ1、マスタードシード小さじ1、カレー粉大さじ2弱(乾煎りしておくと香ばしく仕上がる)、レモン汁大さじ1程度(酸味が苦手の場合は入れない)

■作り方 所要時間:1時間くらい
1)手羽元を熱湯に入れてさっと加熱し、湯を切って水で洗う。
2)鍋に水800㏄を入れ、手羽元としょうがのスライス3~4枚(分量外)を入れて弱火で30分ほど炊く。水が半分くらいになったら火を止め、そのまま置いておく。アクはすくう。
3)別の鍋に油を入れ、しょうがのみじん切りとクミンシード、マスタードシードを入れ、中火で加熱する。マスタードシードがぽつぽつとはぜてきたら、玉ねぎのみじん切りとにんにくすりおろしを加えて15分ほど炒める。
4)トマトの水煮とカレー粉を加え、10分ほど煮詰める。ほどよく水分が無くなってきたら、置いておいた手羽元を煮汁ごと加えてさらに10分ほど煮る。
5)火を止め、カレールーを加え、溶かすように3~4分鍋を練る。ルーが溶けてこなれたら火をつけ、さらに10ほど鍋底を回しながら煮詰める。味を見て塩で整える。火を止め、置いておく。
6)食べる前に再加熱し、仕上げにレモン汁を加える。出来上がり。

うむっ! ありがとう、カレー!
だいたい500円くらいで出来ました。(たぶん)

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2010-07-25 18:37 | 雑記 | Comments(0)
食べてますかー!


本日もお暑ぅございます。東京は朝から30度を越えました。
皆様、夏バテなどされていませんか? いやきっと夏バテ気味なことでしょう。
この暑さ、夏バテにならずに済むものか!?

夏バテにはやっぱり食べて対抗です。
お昼に豚肉とゴーヤー入り野菜炒めを作りました。
ゴーヤーにはビタミンCのほかカリウムも豊富で、夏バテに良いと言われています。
また豚肉はビタミンB1を効率よく摂るのによく、疲労回復に役立ちます。

なおビタミンB1は豆腐にも豊富です。
ゴーヤー、豆腐、さらにそこに卵も加わえて栄養を補うゴーヤーチャンプルーは、
なるほど理想的な夏バテ対応食なんですね。

猛暑が続く予感ですが、どうぞお体ご自愛ください。
暑中お見舞い、申し上げます!
[PR]
by harumaki-33 | 2010-07-24 09:09 | 雑記 | Comments(0)
マグロと羊羹は厚く切る?
スーパーでメバチマグロのハラミが安く売られていました。
ハラミとは「腹身」で普通ならば特上のトロになる部分と言えます。
見た目も霜降りで、まことに美味しそうなのでありますが、一概にそうも言えません。

……固いのであります。

おそらく砂ズリとも呼ばれるもっとも筋の多い部分(=大トロ)なのだと思います。
どうもこの部分は、季節やその魚の大きさによって、成熟度がかわるようです。
お寿司屋さんの本にも、まだ筋が固い場合は氷蔵して熟成させてから使うとあります。
安く出回るハラミというのは、まだ若い個体か、季節外れのものなのかもしれません。
(↑推測です)

けど、マズイわけじゃないんです。
「マグロと羊羹は厚く切れ」という言葉通りにすると、噛み切れなくて閉口しますが、
固いハラミは薄く切ればいいだけの話。
薄くそぎ切りにすると、ゾゾゾっという手ごたえに、やはり筋の固さを実感します。



今回は(も?)握り寿司にしました。美味しかったです♪

表面に軽く焼き目をつける「焼き霜造り」にしても美味しいです。
加熱されることによって、筋が柔らかくなるんです。
(もちろん焼いた後は氷水で冷やします)
次回、また安く手に入ったときは、作ってみたいと思います。

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2010-07-23 07:24 | 雑記 | Comments(0)
試作三昧
先週、友達の依頼で煮豚15人前を作る機会があり、その際、茹で汁……
つまり豚だしが大量にとれました。

これは……試作のチャーンス!

って、ことで、色々試してみました。

豚だし+二番だし……だしは濁るけど、結構美味しい。
豚だし+コンソメ(顆粒)……コンソメの味が勝ち過ぎてるけど、悪くない。
豚だし+鶏スープの素(顆粒)+魚粉……どっかのラーメン屋さんで食べた味!
豚だし+ほんだし(顆粒)……どっかの沖縄そば屋さんで食べた味!
豚だし+サバ節……普通に美味しい。二番だしより力強い。
豚だし+harumaki流和風だし……いつもの味♪

結論としては、どれもそれなりに美味しいということでした。
これは当たり前かもしれませんが、結構大きな収穫でした。
うむ。

あと、豚だしは冷蔵庫で5日はもつ。というのも分かりました。
昨日と今日は、ちょっと匂いが出てきたかな~? という気もしましたが、
実食には問題ありませんでした。
条件にもよると思いますが、7日はいける?
(それだけ保持しなきゃいけないという状況は、あまり嬉しくありませんが)

しかしこの1週間、若干塩分とりすぎです。げふー。※塩分濃度も色々試したので。
塩分過多は胃がんのリスクがありますので、皆様はお気をつけてっっ。



本日は豚だし+かつおだし+醤油+みりん(+お酢)で、冷たいつけラーメン。
さっぱりと美味しゅうございました。
本日もご馳走様でした!

===
[PR]
by harumaki-33 | 2010-07-17 07:50 | 雑記 | Comments(2)
お酢でしゃっきり!


野菜を少量のサラダ油で炒めてから、中華スープで炊いて火を通します。
塩少々で味を調え、お酢をほんの少し。最後に水溶き片栗粉でトロミをつけます。

うむ!

野菜炒め……じゃなくて、野菜の旨煮かなぁ?
たまにはガツっと食べて、夏バテ対策しましょう!(←たまに、か?)

お酢には酸だけでなく、アミノ酸や糖分もふんだんに含まれています。
酸っぱみを加えるだけでなく、旨味も補ってくれるんですね。
参考サイト:http://www.健康酢.jp/300/ent331.html

みなさんも夏バテにはお気をつけて!
[PR]
by harumaki-33 | 2010-07-15 07:27 | 雑記 | Comments(0)
炊飯器様
新しい炊飯器が我が家に来ました。
じつに15年ぶりの選手交代です。

ウェルカム! ニュー炊飯器!
ありがとう! そしてお疲れさまでした今までの炊飯器!



今、炊飯器には大きく3つのタイプがあります。
そのどれにするか、結構迷いました。
ここで今回学んだ、ちょっとしたうんちくをご紹介します。

1.圧力IH炊飯ジャー
炊飯器のなかでも最上位機種。
炊飯するときに圧力をかけるので、沸騰温度が高くなり、その分お米の甘みが増します。

2.IH炊飯ジャー
普通の炊飯ジャーの上位に位置する炊飯ジャーです。
IHとはヒーターのタイプで、お釜の下半分が加熱されるので炊きムラが無くなります。
いわゆる“かまど炊き”に近い炊飯をしていることになります。
圧力式はご飯がもちっとするので導入せず、今もIH式を追及しているメーカーもあるようです。

3.マイコン炊飯ジャー
IHとの違いはヒーターで、加熱ポイントが底面にしかありません。
ですが昔はみんなこれでご飯を炊いてましたよね。
機能もシンプルですし、価格も比較的安価。コストパフォーマンスに優れたタイプです。
今まではこれを使ってました。

で、今回はせっかくなので、圧力IHを選ばせていただきました。
期待に胸膨らむなかに、それほどでもなかったら……という不安も少し。
どきどきしながら、さっそくご飯を炊いて、塩むすびにして食べてみました。
果たして!



んまーい!!!
まさに宣伝のように、「え? これ同じお米だよね!?」と驚くほどの旨さ。
お米が1粒1粒、キリっ! っとしてるんです。それでいてもっちり柔らかい。
そのご飯をほおばる快感、噛みしめる喜び……嗚呼、我よくぞ日本人にうまれけり。
お父さん、お母さん、お百姓さん、みんなみんな、ありがとう!(>▽<

ご飯を食べるのが、今までよりももっと楽しみになりそうです。
本日もご馳走様でした! 感謝!
[PR]
by harumaki-33 | 2010-07-12 11:27 | 雑記 | Comments(0)
夏こそだまってカツカレー!(大辛)


うむっ! 汗が滝のようだ!
だが、んまいっ!

===

簡単スパイスカレーの作り方(2皿分)

1)鍋に油を大さじ2を注ぎ、クミンシードとしょうがのみじん切り大さじ1をじりじり加熱する。
※クミンシードは普通のカレーにおすすめ! カレー好きならぜひ。
2)玉ねぎ1/2個をみじん切りにして、透明になるまで1の鍋で炒める。
3)すりおろしたにんにくを加える。スパイス、もしくはカレー粉を加えてさらに炒める。
※スパイス:ターメリック小さじ1、コリアンダー小さじ1、ガラムマサラ小さじ1、チリペッパー小さじ1/2
※カレー粉の場合、大さじ1強
4)トマト1個を粗みじんにして加える。水煮缶なら1/2缶程度。
5)好きな肉を適量加える。今回は豚ひき肉を80g使用。※鶏モモ肉も美味しい。
6)水を1カップと、適量のスープの素(鶏ガラスープなど)を加える。塩で味を調える。
7)10分ほど中火で煮て、ほどよく水分が飛んだら出来上がり。
※お好みで最後にレモン汁を加えると、さっぱり風味で美味しいです。オススメ!

所要時間、たぶん20分。ゆっくり作っても30分くらいで出来ると思います。
夏バテに、スパイスで喝を入れてみるのはいかがでしょう?

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2010-07-03 09:17 | 西洋料理 | Comments(0)