調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
最新のコメント
お久しぶりです。お買いに..
by 徳山みえ子 at 10:40
>徳山 様 こんにちは..
by harumaki-33 at 00:38
初めまして!素敵な漆器で..
by 徳山みえ子 at 23:03
はじめまして! 我が家..
by 零 at 18:31
おお、higaさん! お..
by harumaki-33 at 23:47
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
玉子のドライカレー&カツ
お腹が減ったなぁ。
と、思ってから作れる、簡単ドライカレーを紹介します。



■玉子のドライカレー
材料:玉ねぎ3/4~1個くらい、生玉子1個、おろしにんにく小さじ1/2程度、カレー粉小さじ2弱、ローリエ1枚、塩小さじ1/2弱、サラダ油大さじ1/2~1弱

1)サラダ油をフライパンにしいて、ローリエを加えて加熱する。
2)そこに玉ねぎのみじん切り、塩を加え、ほどよく色がつくまで炒める。
※ローリエは頃合いを見て、取り出す。
3)おろしにんにくとカレー粉を加えて、さらに炒める。
4)香りがたってきたら火を弱火にし、玉子を割って入れ、静かになじむように混ぜる。
5)玉子に火が通ったら出来上がり!

お好みでウスターソースで味を調えてください。
今回はトンカツをトッピングしていただきました。
美味しかったです(^^

本日もご馳走様でした!

===

1つ前のエントリーも、未見の方はぜひ見てみてくださいm( )m
[PR]
by harumaki-33 | 2010-02-28 23:53 | 西洋料理 | Comments(0)
「沖縄から伝えたいことのいくつか」
このブログを見てくださっている方に、ぜひ読んでほしい文章があります。
私が三線を教えていただいている、東京沖縄県人会青年部の会報誌に掲載された文章です。

====

沖縄から伝えたいことのいくつか

 沖縄の民は、元来「拒み」を、「逆らい」を知らない民だ。この事の証は、幕末期、開国を前に沖縄に滞在した西欧の宣教師が書き残した逸話にも現代の来訪者の感想にも見られる。その民が、日米両政府が合意した普天間の基地を辺野古に移すという話に、猛烈に反対している。反対するのは、ただ単に騒音、米軍絡みの犯罪、基地起因の諸々の公害を忌避してではない。高台から見ても、波打ち際に見ても、この美しい、自然を豊かに育む、手付かずの海に取り返しのつかない破壊をもたらし、沖縄がはじめて新基地建設を容認することになる辺野古移設に反対しているのだ。また、ベトナム戦争時に明らかになった空爆の出撃基地として沖縄があることに、自身今だ癒えない戦争の傷跡を残す沖縄は、空爆の地に生きる人々をまともに想像し、古傷が疼き、耐え難く、反対に走るのだ。

 ある時代に真理とされた概念が、時代を異にすると、その虚実が明らかになることがある。その確たる例は、ベトナム戦争時に、圧倒的な説得力をもち、皆が真理と信じた「南ベトナムが落ちれば、ドミノが倒れるように東南アジア諸国が共産主義に手中に落ちる」という「ドミノ理論」だ。そうはならなかった。

 同じように考えてみると、沖縄に米軍基地を置くことの正当性を唱える論者が、多くの論拠の一つに、特に海兵隊の有事の際の「即応力」を挙げる。優れた頭脳が論じ尽くすのだから、素直に納得したいが、論じ尽くした、言わば残滓の中に、疑念が残る。軍隊の出撃は、火事場に急行する消防隊とは大きく異なる。実例が教えてくれる。湾岸戦争、1990年5月イラク軍クエート侵攻、1991年1月 米軍を中心とする多国籍軍イラク攻撃。イラク戦争、2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件、2003年3月19日米英軍による空爆「イラクの自由作戦」開始。有事発生と戦争突入時との間にはかなりの時間差があるのだ。「地理的に」、「戦略的に」、(現防衛大臣は)「地政学的に」沖縄の軍事的重要性を強調するが、これらの言辞に得心がいかないでいる。

 米国は、日本が唯一同盟関係にある大事な国だ。この認識は大方の日本人と共有するものだ。しかし、沖縄に住むと「米国は一体眞に友好国なのだろうか」との残念な思いを抱かせる事象が日常の中に多々ある。新政権が発足し、「対等な」同盟関係を目指すと知った時、心の中で快哉を叫んだ。サンフランシスコ条約締結で「見捨てられ」て米軍統治下におかれ、基地は「核抜き」「本土並み」との復帰運動の思いは省みられなかった記憶を持つ沖縄は、今度の普天間基地の問題解決に期待を持たされた挙句に失望を強いられることになれば、沖縄の苦悩は深まるばかりだ。

(○○○○ 沖縄在住)

東京沖縄県人会青年部会報誌「だからよー」 2010年 旧正月号/97号
「言わねばならんワニより」より全文をそのまま転載。

===

僕の友達、Nさんのお父さまが書かれた文章です。
年齢をお聞きしたことはありませんが、戦前生まれの方のハズです。
(追記:73歳と教えていただきました)

現在、盛んにニュースで取り上げられている辺野古沖基地建設問題ですが、
1995年に起きた沖縄米兵少女暴行事件(Wikipedia)に端を発した、これは15年にも及ぶ問題です。
いや、沖縄の基地問題全体を考えるなら、戦後65年間、ずっとです。

様々な意見、様々な考え方があると思います。
また関心のある人も、ない人もいると思います。

僕が一番怖いのは、関心のない人が、誰か大きな声でもっともらしい事を言う人の話を聞いて、さもありなんと、わかったような気になって、右から左へ聞き流してしまうことなんです。(もちろんそれは自分自身にも言えることです)

ここに、小さな声が届きました。
けれどそこには、とっても大きな意思が、気持ちがこもっています。
どうか次にニュースで辺野古問題を聞いた時は、この小さな声を思いだしてほしいのです。
[PR]
by harumaki-33 | 2010-02-24 21:47 | 雑記 | Comments(0)
初ごはん
やっとガス台が使えるようになり、新居で初ごはん。
あまりに立派なサケの切り身だったので、思わず半分に切ってしまいました。



んまい!!

けど、テーブルが届かないのでシンクで食べる。
[PR]
by harumaki-33 | 2010-02-22 23:14 | 雑記 | Comments(0)
筋肉痛のお知らせ
……あ、違った。引っ越しのお知らせです。

一昨日、引っ越しをしました。
と言っても同じ区内ですが、前の部屋より台所が広いです(^^

沖縄から東京に戻って3年。
そんなに荷物ないだろーっと思っていたのですが、
タウンエースで往復8回。
友達3人にフル労働してもらって7時間もかかってしまいました。
(友達ってありがたい! 感謝!)

昨日は運んだ荷物の片づけに終始し、なんとか人が住める状態になりました。
ふぅ。

そして今日は筋肉痛……。

やばい! 筋肉痛2日遅れで来る、超やばい!
老化? 老化?? 

それはさておき、住所と家の電話番号が変更になりました。
のちほど転居案内をお送りしたいと思います。
メールアドレス、携帯電話番号は変更ありません。
改めましてよろ敷くお願いします。
[PR]
by harumaki-33 | 2010-02-22 06:36 | 雑記 | Comments(2)
ホワイトシチュー
寒い冬の夜に、ホワイトシチュー。



子供のころ、晩御飯にシチューが出てくると、なんだかちょっとがっかりだったのも今は昔。

===

1)鍋にバター15gを入れて溶かし、小麦粉大さじ3杯を加えて焦げないように炒める。
2)火から外して牛乳2カップを3回に分けて加える。加えては熱し、混ぜ、粘りが出てから、また牛乳を加える。
3)別の鍋で具材を炒め、水2カップを注ぎ、コンソメキューブを1~2個加えて、煮る。
4)煮汁半分を②の鍋に加えて、ルーをゆるくのばし、③の鍋に戻す。
5)塩・胡椒で味を整えて出来上がり!

そのままでもいいし、ご飯にも、うどんにも合います。
本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2010-02-16 10:59 | 雑記 | Comments(0)
なんでもピビンパ!


ピビンパ2連チャン。
余った野菜をなんでもナムルにしてご飯に盛れば、ピビンパの出来上がり♪
食材を無駄にせずに済むし、美味しいし、栄養も満点!
言うことなしのメニューです。

◆大根の酢ナムル
・大根を千切りにして、塩を振ってもみ、15分ほど置いておく。
・水が出るので手でぎゅっと絞る。
・砂糖、お酢、おろしにんにくで味付けし、仕上げに炒りゴマを混ぜる。

◆カブのナムル
・薄切りにして、後は大根のナムルとほぼ同じ。

◆にんじんのナムル
・にんじんを千切りにして、塩を加えたお湯でさっと茹でこぼす。
・水に取り、よく水気を絞ってから、粉末かつおだし、砂糖少々、塩で味付けする。
・仕上げに炒りゴマを混ぜる。

◆キャベツのナムル
・キャベツを千切りにして、塩を振ってもみ、15分置く。
・よく水気を切ったキャベツを、砂糖少々、お酢、ゴマ油、塩少々で味付けする。

◆ぜんまいのナムル
・ぜんまいの水煮をザルにあけ、よく水洗いし、食べやすい長さに切る。
・フライパンでゴマ油を熱し、細かく刻んだしょうがを加え、ぜんぱいを炒める。
・かつお出汁1/2カップ、しょうゆ、砂糖、みりん少々を加え、水気がなくなるまで煮る。

◆豆もやしのナムル
・熱湯に塩を少量加え、豆もやしを入れて6分ほど茹でる。
・ザルに上げ、暑いうちに塩少々、ゴマ油、こしょうで味付けする。

◆肉味噌
・なんでも良いのでひき肉をゴマ油で炒め、コチュジャンで味付けする。
・塩、または醤油で味を調える。

===

熱飯の上に焼き海苔をもんで散らし、その上にナムルをきれいに盛りつけます。
そこに肉味噌をふりかけ、目玉焼きを乗せたらできあがり!
よーーーくかき混ぜていただきます。

うむ! おいちい!!

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2010-02-12 22:20 | その他の料理 | Comments(0)
まぐろビビンパ


まぐろビビンパというか、まぐろ納豆丼というか、
正体不明ですが、美味しくいただきました!

ちなみに、もやし、小松菜のナムル、きゅうり、納豆、まぐろ、海苔、玉子の黄身。
の、提供でお送りしました。
[PR]
by harumaki-33 | 2010-02-09 10:34 | 雑記 | Comments(0)
今年は具が豪華!
節分の夜。
もちろん今年も巻きました。恵方巻き。
今年は例年より、具が豪華めです。



・うなぎ
・玉子焼き
・きゅうり
・めんたいこ
・桜でんぶ
・大葉
・ごま

なんと7宝巻き!(ごまや大葉を具と数えるならば)
写真はおかわり用の太巻きを切ったものです。
丸々1本は、別にちゃんと無言で一気にいただきました。

あー、美味しかった!
節分は本当は1年に4回あるんだから、恵方巻きも4回やっていいよなぁと思いました。
本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2010-02-03 22:23 | 雑記 | Comments(0)
うどんにこしょう


鍋のしめのうどんに、胡椒をがりがりっとふって食べたら美味しかった!
ので、報告します! 以上!
[PR]
by harumaki-33 | 2010-02-03 10:43 | 雑記 | Comments(0)
ファンタスティック?フォー


鶏手羽を下ゆでしたおつゆに、なぜか鰹節を足して、
フォーだけどフォーじゃない、ファンタスティック?なフォーを作ってみました。

ちなみにフォーとは「4」ではなく、ベトナムの米粉麺のことです。

手羽は別の料理で食べちゃったので、目玉焼きと小松菜をトッピング。
フォーと言えばもやしや紫たまねぎ、香菜が欲しいところですが……ま!
「なんちゃって」ということで。 

けど、美味しかったです(^^
これだからお肉の下ゆでは止められませんなぁ!
本日もご馳走様でした。
[PR]
by harumaki-33 | 2010-02-01 14:04 | 雑記 | Comments(0)