調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
タコス!


タコスはハードシェルのものが好きです。
お店で頼んで、ブリトーの皮みたいなので出てくるとがっかりします。
(↑確かめないで頼むのが悪い)
みなさんはタコスと言えば、どっちを想像するでしょう?

ハードシェルのタコスを食べるには、自分で皮をフライしなくちゃいかんのかなぁ?
と思っていたのですが、じつは出来合いのものがふっつ~に販売されていたんですね。
近所の輸入食材屋さんに行ったら、店頭で思いっきりセールやってました。
今まで目に入ってなかったヨ……。

さっそく購入して、自宅でタコスパーティを開催。
うーむ! これだよ、これ! やっぱタコスはこの食感でなきゃあ!
シンプルですが、大変満足のいくタコスになりました。

===

そして当然、次の日はタコライスです。



うーん、これまた結構! ご馳走さまでした!
[PR]
by harumaki-33 | 2009-05-28 02:43 | 雑記
久々・新メニュー


カジキマグロとじゃが芋のオーブン焼き。
ソテーしたカジキマグロにトマトを乗せて、茹でたじゃが芋でサンドした上に、
粉チーズを混ぜたパン粉を乗せてオーブンで焼きあげました。

……。

ンマかった!

===

カジキマグロって、ここ最近美味しいと思うようになった。
[PR]
by harumaki-33 | 2009-05-22 00:01 | 雑記
スマイル!
f0070332_2352014.jpg

今日のお昼にピーマン切ったら、切り口がスマイルマークになってました。
ピース&スマイル!
[PR]
by harumaki-33 | 2009-05-15 23:05
そろそろ汁なし麺も


東京地方はここ数日、蒸し暑い日が続いております。
どことなく梅雨の季節を思わせるような陽気。
朝、夕は涼しくて過ごしやすいんですけどね~。

そんなわけで、そろそろ汁なし麺もおいしい季節です。
世の中では「汁なし坦々麺」が流行っているなんて話も聞き(←ラジオで言っていた)、
久しぶりにジャージャー麺を作ってみました。

■ありもの野菜でジャージャー麺

材料:お肉(なんでも良い)50g程度、にんじん1/4本、ピーマン1個、茄子1本、グリンピース少々、甜麺醤(中華甘味噌)大さじ1、鶏ガラスープ50cc(水でも良い)、醤油適宜、水溶き片栗粉適量

1)お肉は小さく刻む。ひき肉でも良い。
2)にんじん、ピーマン、茄子は5㎜程度の賽の目切りに。ほかに玉ねぎ、きゅうり、竹の子など。←きゅうり美味いっす。
3)ゴマ油でお肉を炒め、次いで野菜を炒める。
4)甜麺醤を加えてよく合わせ、鶏ガラスープを加え、醤油で味を調える。
5)グリンピースを加える。
6)最後に水溶き片栗粉を加えて、少し硬めにトロミをつける。

茹でて、冷やした麺の上にこれを乗せればでき上がり。
これでもか~!!!!!! というくらいによく混ぜていただきます。

にんにくを入れても良いハズ。
鶏がらスープを入れるなら、お肉がなくても平気かも?
お肉の代わりにシーチキンとか。
試したことないですが。

ちなみにお皿の右下は、「適当メンマ」です。
竹の子の水煮を繊維に沿って切り揃え、ゴマ油で炒め、
醤油、酒、砂糖、鷹の爪で味付けしました。
なかなかおいしくできました。

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2009-05-12 23:13 | その他の料理
ふりかけ作りのコツ


出汁を取ったあとのかつお節でふりかけを作ると美味しいのですが、
作るとフライパンがガビガビになってしまうのが難でした。

……んが! このほどついに我、開眼せり!

○かつお節のふりかけ

材料:出汁を取ったあとのかつお節、醤油、みりん、砂糖、ごま、しょうが、それぞれ適量

1)出汁を取ったあとのかつお節を、濡れたままフライパンに広げる。
2)みじん切りにした生姜を加える。なくても良い。
3)最弱火でかつお節をじっくり乾かすように炒る。
4)ここでフライパンを火から外し、ゆるく冷ます。手で崩すようにもみほぐす。
5)一度乾いたかつお節を湿らす程度に醤油をさす。
6)再び火にかけて、また乾かすように炒るが、フライ返しで底をこそぐように、ゆっくり混ぜ続ける。
7)パサパサしてきたら、また火から外し、ゆるく冷ましてからみりんを適量加え(5)の作業を繰り返す。
8)砂糖を好みで加え(5)の作業を繰り返す。焦げやすいので注意。
9)最後にごまを加えて、軽く火を通したら、火から外してそのまま冷ます。

これでカリカリのふりかけの完成です!
とにかく弱火でゆっくり作ること。
そして鍋底をこそぎながら作るのがコツと見ました。
あと、甘く作るのがはるまきさんち流。

一度作るとかなりもつので、出汁とるたびには作りませんが、
廃物利用なんて言ったら怒られる、ご飯のお供に最高の1品でございます。
[PR]
by harumaki-33 | 2009-05-09 21:53 | 日本料理
塩豚ポトフのススメ


もしあなたが閉店間際のスーパーで、賞味期限ぎりぎり。
けど30~50%オフの豚肉ブロックに出会ったなら、
それを買って塩豚にしてみるのはどうでしょう?

このブログでも何度か紹介していますが、沖縄のスーチカー(豚の塩漬け)。
豚肉の重量の5%程度の塩を肉に擦りこみ、2日ほど漬けてから茹でこぼして食べます。
ちなみにイタリア料理に使われる「パンチェッタ」とは、豚のバラ肉を用い、
塩のほかに胡椒やハーブなどを加えて1カ月ほど熟成させものです。
沖縄のスーチカーも本来は長期保存の技術だったはずなので、
近いものだったのかな? なんて思っています。

さておき。

塩漬けした肉はかなりしょっぱい状態になっているので、
最初に熱湯で5分ほど茹でこぼし、その茹で汁は捨ててしまいます。
新たにお水を変えて沸かし、ぽこぽこくらいの火加減で30分くらい茹でると、
茹で汁に豚の出汁が出て、さらにちょうどいい塩加減になっているハズです。
これを捨ててしまうのは、まっこと勿体ない!

ので、ポトフにしました。

お肉をいったん取り出してスライスし、鍋に戻します。
そこに軽めに下茹でしたジャガイモとニンジン、そのほか適当にある野菜を加え、
さらに30分ほど茹でれば塩豚ポトフの出来上がりです。

好みでマスタードを添えると美味しくいただけると思います。
また、あまり煮すぎず、都合1時間くらいで仕上げると、
豚肉の意外な柔らかさとうま味を堪能できると思います。

以上、塩豚ポトフのススメでした。
今度はパンチェッタに挑戦したいと思います。
[PR]
by harumaki-33 | 2009-05-07 13:35 | 雑記
ペペロン修業中


パスタ料理の基本中の基本、ペペロンチーノの修行中です。
ペペロンチーノとは、イタリア語で「赤とうがらし」の意味。
にんにく、オリーブ油、赤とうがらしがあれば作れる、シンプルなパスタです。
日本で言えば、塩おにぎりみたいなもの?

今日は水菜を加えて作ってみました。
しゃきしゃきの歯応えが加わって、なかなか美味しく出来たけど、
うーん、塩加減が難しいな~。

本日もご馳走様でした!

===

以下、蛇足。

パスタ・ペペロンチーノのベースになっているものが、アーリオ・オーリオです。
アーリオはにんにくのこと。そしてオーリオはオリーブ油のこと。
まず、オリーブ油でにんにくをじっくり揚げて、油ににんにくの風味をうつします。
これがアーリオ・オーリオ。
そこにパスタの茹で汁(塩水)を加えて、油と塩水を軽く乳化させ、
さらに赤とうがらしを加えたものが、ペペロンチーノというわけです。

油と塩水の比率。そして塩加減がキモだな~。
まだまだ修行の日々は続きそうであります。
[PR]
by harumaki-33 | 2009-05-01 22:31 | 雑記