調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
最新のコメント
お久しぶりです。お買いに..
by 徳山みえ子 at 10:40
>徳山 様 こんにちは..
by harumaki-33 at 00:38
初めまして!素敵な漆器で..
by 徳山みえ子 at 23:03
はじめまして! 我が家..
by 零 at 18:31
おお、higaさん! お..
by harumaki-33 at 23:47
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
即席キムチに挑戦!
白菜を1株もらいました。
いつも1/4カットのものしか買わないので、1株のでかさにビビりました。
ジャンボ! 白菜ってこんなに大きかったでしたっけ?
とても食べきれそうにありません……。

そ・こ・で☆

白菜と言えばキムチ。
以前手に入れた韓国料理のレシピ本をもとに、
即席キムチ……その名もペチュコッチョリを作ってみました。

■即席キムチ、ペチュコッチョリ

白菜 1kg程度
塩 大さじ2
大根 150g……千切り
長ネギ 1本……笹打ち
生食用の牡蠣 3~4粒

○タレ
唐辛子粉 大さじ5
にんにくのすりおろし 大さじ2
しょうがのすりおろし 大さじ1/2
なしのすりおろし 大さじ4
いわしエキス 大さじ4※韓国食材。ヌクマムのようなもの
いりごま 小さじ2
砂糖 大さじ1





1)白菜の葉を剥いて、よく洗う。
2)ボールに1枚ずつ塩を振りながら入れ、1時間ほど寝かせる。
3)塩を洗い流す。水をよく切って、食べやすい大きさに切る。
4)タレの材料を全部混ぜ、白菜、大根、ネギを全部加えてもみ込む。
5)最後に牡蠣を粒のまま加え、さらにもみ込む。

できた~。さっそく味見!



もぐもぐ………………あれ?(^^;

もぐもぐもぐ………………あれれ?(^^;;

見た目も香りもおいしそうなのに、何かがもう1つ足りない???

あれ~!!!???

===

追記:2~3の水きりが足りなかったのではないかと推測。
その後、少し水が上がってきました。
次は少し塩の量を増やすか、もしくは下漬けの時間を長くするかしてみよう。
そうしよう。
[PR]
by harumaki-33 | 2008-11-30 17:21 | 雑記 | Comments(2)
カレーとせんキャベツ


クラシックめの洋食屋さんでカレーを頼むと、
ときどきせんキャベツが盛られていること、ないですか?
以前はこれ、邪魔だな~とか、食べにくいな~なんて思っていたんですけど、
混ぜて食べればいい。ということを学んでから、
この組み合わせが大好きになりました。

カレーはわりかし油分の多い食べ物です。
ルーから自作すると、それを実感することができます。
キャベツには胃の粘膜を補強する作用があり、脂肪の吸収を抑えることができますので、
カレーと一緒に食べるのは、そういう面でも効果的と言えます。

なにより、おいしい(^^

キャベツはアクが少なく、味もたんぱくだからカレーに合うんですよね。
ルーによくからむし、シャキシャキした食感も心地よくて、いくらでも食べられそうです。
(↑食べすぎちゃ意味ないだろ)

ちなみに今日のカレーは白菜とひき肉のカレーでした。

本日もご馳走様でした!

===

せんキャベツと千キャベツ。
グーグルで検索すると「千キャベツ」のほうが多いのですが、
でも「千キャベツ」という字面に、みょ~に違和感を感じてしまうharumakiなのでした。
ふんがくっく。
[PR]
by harumaki-33 | 2008-11-25 21:57 | 雑記 | Comments(1)
天然の美


茹でたカボチャを、根来塗りの片口によそってみました。
写真としてはイマイチかもですが、茹でただけのかぼちゃのなんと美しいこと!

かぼちゃは、ただ茹でただけのものでも、素朴で美味しいと思います。
お出汁で炊いたのももちろん美味しいですけど、お腹ぺこぺこで面倒なときは、
ただ茹でただけでいただいています。

ああ、自然の恵みのありがたさ。

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-11-23 20:12 | 雑記 | Comments(0)
わかさぎのから揚げで一杯


やっぱわかさぎはから揚げがうまいね!
ビールもうまい! うむっ!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-11-22 21:31 | 雑記 | Comments(0)
西紅柿炒鶏蛋


トマトと玉子炒め。最近、ちょっと凝ってます。
中国語では「西紅柿炒鶏蛋」と書くそうです。
「鶏蛋」が玉子という意味ですから、「西の紅い柿」がトマトって意味でしょうね。

トマトを炒めるって、ちょっと馴染みがないかもしれません。
でも実際に作ってみると、シンプルで簡単なのに、味わい深い一品になります。

■トマトと玉子炒め

材料:1人前
トマト1個……あまり熟しすぎてないもののほうが良い。湯むきしておく。
玉子2個……※写真は玉子1個で作ってますが、2個あると嬉しい。
長ネギ少々……笹打ちにしておく。

1)玉子をよく溶き、若干の塩コショウで味付けします。
2)フライパンに油を大さじ1/2ほど注ぎ、よく熱し、そこに溶き卵を流しこみます。
3)菜箸で空気を含ませるように素早くかき混ぜ、半熟+アルファくらいで皿にあけておきます。
4)フライパンをきれいにし、油を少々しき、湯むきしたトマトを炒め、塩コショウで味付けします。
5)トマトに火が通ったころを見計らって、玉子とネギを加え、全体をなじませてでき上がりです。

こーれーがー……うまいっ!!

そもそもトマトにはリコピン酸のほか、グルタミン酸という旨味成分も含まれているので、
加熱することで、その美味しさが際立つのです。

ただこれ、もっと見た目がおいしそうにできるハズなんです。
もうちょっと練習が必要そうです。

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-11-16 19:53 | 雑記 | Comments(2)
にっくにくwithたまご


牛のすじ肉で肉豆腐作りました。
すじ肉も昔ほど安くなくなったように思います。
100g108円でした。

でもさすが国産!
2時間ほどクツクツと炊いたら、やわらかく美味しくなってくれました、
にっくにく~。

そしてさらに、肉豆腐を牛丼風に盛り、そこに温度たまごを乗せてみました。



どいーん!

ふはははは、このこってり感、すばらしい!
ボディにくるぜ! たぶん、脂肪として!

だが、食って後悔はしていない。

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-11-13 13:15 | 雑記 | Comments(0)
はんすう
昨日のシャブスキーの話。
思い出して、やっぱりうまかったなぁ。としみじみしてみたりして。
とくに鶏肉がうまかった。豚肉もうまかったし、牛肉でもうまいんだろうけど、
割り下で半生に炊いた鶏のうまかったこと!

使う野菜の選別や、割り下の作り方など、(あくまで自分のレシピに対してですが)
まだまだ改良の余地があると思いました。

うーん、燃えてきた!!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-11-11 17:57 | 雑記 | Comments(0)
シャブスキーに挑戦!




シャブスキーってご存じですか?
昔々「美味しんぼ」の初期のころに登場した料理です。
って、調べたら20年以上前だよ! ほんとに昔々じゃん!
こわっ!

さておき。

海原雄山曰く、「すき焼きは肉をただ甘く食うだけの料理で、
しゃぶしゃぶは肉のうまみを湯のなかに捨てている料理だ」と糾弾。
じつはちょっと同感していた山岡が、すき焼きの良いところと、
しゃぶしゃぶの良いところを合体させて考案した料理……
それがシャブスキーなのです!
(※もともとは「魯山人風すき焼き」がベースになっているようです)

で、あちこちで作り方を調べてやってみました。
これ正解がありません。みんな想像でレシピを作っています。
ここで紹介するのもアレンジの1つとして見てください。

■シャブスキー

材料:1人前
○割り下
酒 2合
梅干 2個
にんにく 1片
※梅干をほぐし、にんにくは皮を剥いて4つ割にし、酒に入れて煮詰める。

一番出汁 3カップ
酒 大さじ1
味醂 大さじ1
醤油 大さじ2
※上記の煮切り酒と足して、割り下にする。
※1カップ分はそのままとっておき、タレに使う。

○タレ
日本酒 1合
梅干 1個
※日本酒にほぐした梅干を加え、量が7分目くらいになるまで煮詰める。
※割り下と同割で割って、漬け汁にする。



○具
お肉 食べたいだけ……今日は鶏肉と豚コマにしました。 牛肉高い~。
ネギ 2本……4㎝長さに揃えて切り、隠し包丁を入れ、少し焼き目をつけておく。
白菜 2~3枚……切らずに下茹でしてから、食べやすい大きさに切る。
春菊 1/3束……固い茎は覗き、食べやすいサイズに切る。
エリンギ 1本……薄切りに。
豆腐 1/2丁……軽く水切りしておく。

1)鍋に割り下をはり、静かに沸かす。ボコボコ沸かさないこと。
2)野菜を全体に敷くように加える。豆腐を加える。
3)割り下が再び温まったら、お肉をしゃぶしゃぶの要領で食べる。

な・る・ほ・ど、これはうまい!
しみじみうまい系です。日本酒が似合う鍋だと思います。
湯豆腐とかタラちりより食べ応えがあって、
素材、お肉の持ち味を損なわず食べられる感じです。

鶏肉は新鮮なものを使い、まわりがほんのり白くなるくらいで引き上げます。
豚肉は好みだと思いますが、ピンク色くらいでも大丈夫だと思います。

うむー。やるな士朗!

本日もご馳走様でした♪

===

でもこれ、流行らないかもしれない。と、思いました。
なんというか、鍋としては繊細すぎるのかもしれません。

僕はすき焼きもしゃぶしゃぶも好きです。
たしかに素材の味を100%味わう料理ではないかもしれませんが、
わかりやすいし、楽しいし、おいしいじゃないですか。

完璧が最良とは限らない。

そんなことを食べながら思いました。
美味しかったですけどね!(笑)
[PR]
by harumaki-33 | 2008-11-10 21:52 | 日本料理 | Comments(0)
せめて体だけでも
あったまりたーい!!!(><



ってことで、今日は鍋!
鍋っていうか、すき焼き!



1人で食べるには、少々多めとなっております。

でも食うぜーーーー!!!!!
ちなみに鶏すきです。
臓物多めです。

今日は寒いですね。
明日はもっと寒いそうです。

よーし、明日も食べちゃうぞーーー!!!
やほーい!!!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-11-08 22:04 | 雑記 | Comments(0)
ラーメンに挑戦!
沖縄そば研究の一環で、ラーメン作りに挑戦しました。

沖縄そばとラーメンの決定的な違いは、タレの有無だと思います。
スープは、ものにもよりますが、さほど変わらないのではないでしょうか?

と、いうわけで今回のテーマはタレ。
スープを作る際に、チャーシュー用の豚ブロックを一緒に茹でておきます。
別鍋で醤油、酒、味醂、砂糖を配合したタレを沸かし、そこに豚肉を加えてさらに煮込みます。
これでチャーシューに味がつくと同時に、肉のうまみがタレににじみ出るという寸法です。





うーむ、いい香り!!

どんぶりにタレを注ぎ、そこにアツアツのスープを加えます。
さらにチャーシューとメンマ、ゆでもやしを加え、今日はつけ麺風にしていただきました。



うむ!!!

ちなみに麺は手打ちしてみました。
いつもよりかん水の濃度を少しだけあげてみたのですが、
それが良かったのか、いつもよりコシも出て、なかなかおいしく仕上がりました。



うむ!!!

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-11-04 00:29 | 雑記 | Comments(2)