調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
最新のコメント
お久しぶりです。お買いに..
by 徳山みえ子 at 10:40
>徳山 様 こんにちは..
by harumaki-33 at 00:38
初めまして!素敵な漆器で..
by 徳山みえ子 at 23:03
はじめまして! 我が家..
by 零 at 18:31
おお、higaさん! お..
by harumaki-33 at 23:47
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
秋の炊き込みご飯その1


秋です。
秋と言えば炊き込みご飯です。
今日はさつまいもとほうじ茶の炊き込みご飯を作ってみました。

作り方は簡単。
ご飯1合に対して、さつまいもは50~80gくらいかな?
それを電子レンジで30秒~1分弱ほど加熱してから、賽の目切りにして、
ご飯と一緒に炊くだけです。水加減は通常の1合分だけでOK。
そこに塩小さじ1/2を加え、水の代わりに濃い目に淹れたほうじ茶で炊きます。

仕上げにゴマをまぶして、本当は三つ葉を乗せると完璧なんですけど、今日は我慢。
ん~、しみじみ、おいしい!!

秋の炊き込みご飯というと、ほかに茸、栗、里芋、あとは落ち鮎なんかもありますよね。
積極的に、試していきたい所存であります。
[PR]
by harumaki-33 | 2008-09-26 21:32 | 日本料理 | Comments(0)
団扇はでかいほどいい!


8月に隣町の民芸品店で買った団扇。
これが酢飯をあおぐのに、非常~~~に具合がよろしい!
この団扇で酢飯作るようになってから、酢飯の出来がよくなった気がします。

以前、何かの本で「できるだけ大きな団扇であおぐ」と書いてあって、
別に小さくても、一生懸命あおげばいいんじゃね? と思ってたんですが、
やはり先輩の言葉には素直に従っとくもんだと思いました。
大きいだけじゃなくてこの団扇の場合、持つ部分が固いので、
風の勢いがプラスチック製の団扇とは段違いなのです。

しかもこれ400円だったしなー。
うむ、良いものを買った!

最近、少しだけ酢飯のコツが見えてきた。ような、気がします。
やっぱり寿司は、ネタの前にまず酢飯なんですよね。
飯炊き。半切り。そして保温……って、何屋目指してんだ、俺!?
って感じですが(^ ^;



寿司って、魚だけで食べるより、魚がおいしく感じる食べ物だなぁと思うんですよね。
いいなぁと思った魚を見つけたとき、自宅でちょいっとお寿司を握れる幸せ♪
うふふ、これでもネタの原価は300円してないなんだぜ?

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-09-23 09:56 | 雑記 | Comments(0)
アシバ祭2008のお知らせ
例年お知らせしておりますが、私が三線を教えてもらっている東京沖縄県人会青年部主催のお祭り、アシバ祭を今年も開催します。

今年は日程の都合で1週間遅く、9月28日(日)に開催します。
場所はいつもと同じ場所、中野駅北口広場です。
およそ12時ごろスタート。少雨決行です。
(雨、降らないけどね! 絶対!)



エイサーを中心に、三線、歌、琉球舞踊など、沖縄芸能を披露するお祭りです。
沖縄料理の屋台も出ます。

中野近辺にお住いの方。その日たまたま中野に行く予定のある方。
沖縄の芸能に飢えている方などなど、どうぞお誘い合わせの上お越ししください。

ホームページあります。
http://ashibasai.hp.infoseek.co.jp/
[PR]
by harumaki-33 | 2008-09-20 18:58 | 雑記 | Comments(0)
ごとくちゃんの話


私があなたの部屋に来たのは、今からもう13年も前。
男の1人暮らしの部屋に来たって、お湯を沸かすくらいしかしないかと思ってたのに、
ずいぶんこき使ってくれたわね。

今ではずいぶん、手入れにも気を使うようになったけど、
最初のころは、使ったら使いっぱなし。
油で汚れても、煮汁を吹きこぼしても、何日もそのまんまにしてたでしょ。
これでも結構、錆びやすいのよ。

ちゃんと勉強をし始めてから、それなりにレパートリーも増えたじゃない。
寸胴なんて買っちゃってさ、重いったらありゃしない。
でも火加減についてはまだまだね。加熱時間にも無駄があるわ。
だから私の消耗も早いのよ。

チャーハンなんて作るの、久しぶりだったんでしょ。
フライパンをあんなに振って、おかげでついに折れちゃったじゃない。
まぁでも、自分の本分を果たせたのかも知れないわね。

ちょっと疲れたわ。
お隣さんは、まだ頑張れるみたいだけど、一足お先に休ませてもらおうと思う。
新しい子が来たら、大事に使ってあげるのよ。
いいわね!?

それじゃ、サヨナラ。

===

う、うううー。13年間、ありがとうございました!(TT
[PR]
by harumaki-33 | 2008-09-19 16:21 | 雑記 | Comments(0)
茹でる中華


中国料理と言えば炒めるもの、という意識が強いのですが、
先日海南チキンライスを作ってから、茹でる中華にちょっとだけ目覚めました。

■シャキシャキ野菜の卵白あんかけ

材料:1人分
チンゲン菜 1カブ 3等分して、根本のほうは縦2つに割る
玉ねぎ 1/2個 薄切り
きゅうり 1/2本 薄切り
にんじん 1/3本 薄切り
しめじ 1/3カブ 石付きを取ってほぐす
鶏肉 100g
卵白 1個分 箸でコシを切っておく。黄身は最後にトッピングしても良い
塩 小さじ1/3~1/2

水溶き片栗粉 大さじ1程度
茹で汁用塩 小さじ1

1)鶏肉を茹でるのと同時に、鶏スープを取る。3分茹でて20分放置し、また3分茹でて20分放置する。一番最初にやっておく。 ※試行錯誤中ですが、5分茹でて30分放置を1回でもいいかも?
2)塩を加えたお湯でチンゲン菜、玉ねぎ、きゅうり、にんじんをさっと茹で、丘上げしておく。丘上げとは湯を切って、そのまま置いておくこと。余熱で火が通るので、茹ですぎないように注意。
3)鶏スープを1カップとりわける。そこにしめじとスライスした鶏肉を加え、塩で調味する。(野菜にかけるので、少し濃いめで良いと思います)
4)スープを沸騰させ、水溶き片栗粉を加える。だまにならないようよくかき混ぜる。最後に卵白を静かに加え、ごく軽くかき回す。
5)皿に野菜を盛りつけ、そこに卵白あんをかけて出来上がり。

チンゲン菜の代わりに、白菜やレタスでも美味しいハズ。
茹でることでカサが減るので、野菜をたくさん食べれるのが嬉しいのです。
油を使わないで作れるのも良い!

鶏肉を入れず、鶏スープを市販の顆粒スープで代用しても良いと思います。
顆粒スープを使うなら、野菜を下茹でするときに、お湯に少し加えてもいいかも?
ただ、ちょっといい鶏肉を使ってスープを取ると、びっくりするくらい美味しいので、
時間があるときは、ぜひ試してみてください。

茹でる中華、なかなかオススメです。
本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-09-16 10:26 | その他の料理 | Comments(0)
煙が目にしみる


今年、初の秋刀魚をいただきました。
先月までは不漁が続いていたそうですが、今月に入って一転豊漁となり、
今年の秋もおいしい秋刀魚が楽しめるそうです。

夕日の魚屋さんに行くと、長さとしてはさほど大きくないものの、
厚みがはじけんばかりにぷりっとした秋刀魚が300円で売ってました。
豊漁のわりに高いなぁ? と思ったのですが、その様子を察したのか、
「フフ、スーパーで売ってる100円の秋刀魚とはモノが違うぜ」と、おじさん。
そう言われたら、買わずにいられないじゃー、あーりませんか!!

さっそく部屋に帰って、晩御飯の支度です。
ご飯よろし! 味噌汁よろし! 大根おろしよろし! すだちよろし!
準備万端整って、さぁ、秋刀魚だ!

うむ! んまい!!!

一度、かっ! っと熱した網に秋刀魚を乗せ、今度は中火で片面5分ずつ焼きます。
皮目をこんがりと焼き上げた秋刀魚は、焼いているのに身がとろけるようで、
これを書いている今でも、思い出してうっとりしちゃうくらい美味しかったです。

すげぇ。ものが違うってこういうことか。
秋刀魚食って、こんなにうっとりしたの、初めてだ。

しかし、食べるまでが大変でした。
かつてないほどうまい秋刀魚でしたが、煙の量もかつてないほど半端じゃなかったです。
まず、したたる油がものすごい。
換気扇なんか全然役に立たず、玄関開けて、扇風機まわして、それでもまだ煙い。
視界が真っ白で、煙が目にしみて、ものをまっすぐ見れないほどでした。
むむむ。

でも、この美味しさ、苦労に見合う十分なものです。
秋刀魚 秋刀魚 秋刀魚“煙いか”しょっぱいか―――でもまた焼くぞ!

本日もご馳走様でした。
[PR]
by harumaki-33 | 2008-09-15 06:08 | 雑記 | Comments(0)
沖縄の3つの問題
東京は、昨日今日とカラっとしたいい天気でした。
秋です。空も次第に高くなってきました。
青い空を見上げながら、ふと沖縄のことを思いました。

沖縄はいいところです。
アオイソラ、ヒロイウミ。白い雲、白い砂浜。なによりも人がいい。
なんなんだ、あの寛容さ。
しかしその空が黒煙に染まり、砂浜と海が血で染まった過去があります。
人々が笑顔を失いかけた過去があります。

今の沖縄で、もっとも懸念すべき問題は基地問題だと思います。
基地問題の何が問題なのかということを考えたとき、大きく3つがあると思うんです。

1つめは、基地があること。

このブログを読んでくれている人はご存じの方が多いと思いますが、
日本に駐在している米軍の、およそ7割以上が沖縄に存在しています。
基地面積だけで行っても、沖縄全島の面積のうち、じつに2割が基地。
沖縄の人たちが、自由に出入りできない場所が、およそ2割もあるのです。
(正確には18.8%)

2つめは、基地があるだけではなく、稼働していること。

嘉手納の騒音問題。
基地建設のための自然破壊。
演習による山火事。
鳥島への爆撃訓練。
同じ日本のなかで爆撃訓練が行われているという事実を、
はたしてどれほどの人が知っているでしょう?
そして、もっとも戦争を嫌う人たちがいる島から、イラクやアフガンへ、
爆撃機が飛びだって行くという事実。
真っ黒で、巨大な翼を見上げるオジイ、オバアの気持ちを思うといたたまれなくなります。

3つめは、その多くが本土のメディアに取り上げられないということ。

僕自身、沖縄にこれほど興味を持った5年前以前、その現実をまったく知りませんでした。
意識したこともありませんでした。
沖縄と言えば、南の島。あったかくって、海がきれいで、歌と踊りが好きで、メンソーレ。
だけど、沖縄を好きになって、訪れるようになって、そして1年間滞在して、
知れば知るほど、報道されない理不尽さを痛感するようになりました。

僕は、この3つめの事実が、もっとも大きいと思うんです。
日本人として、そら恐ろしいものを感じるんです。
なぜなら、知らないフリをしていれば、自分の問題として考えなくて済むから。
それでいいのかな?

それで、いいのかな?
[PR]
by harumaki-33 | 2008-09-10 22:55 | 雑記 | Comments(0)
今日もチキンライス


今日も海南チキンライスを作ってしまいました。
っていうか、昨日掲載したチキンライスもじつは2回目に作ったチキンライスで、
その前にも一度、作っていました。

自分のなかのルールというか、料理のコツというか、持論に、
「同じ料理を三度作れ!」というのがあります。
(あんまりエラソーなことは言えませんが!)

もちろんその料理を究めようとしたら、三度なんかでは足りません。
でも、同じ料理を続けざまに三度作ると、何かしらコツが見えてきます。
自分の料理になってきます。

……なんつって、僕はたんに、一度気に入るとバカ見たいに同じものを、
繰り返し食べたくなるだけなんですけどね(^^;

3回とも作り方を変えてわかることもあるし、
逆に、まったく同じ方法で繰り返してわかることもあります。
むしろ後者のほうが多いかも知れません。

それにしても、海南チキンライス……うまいっ!
課題は、野菜をどう付け合わせるかだと思ってます。
香味系の野菜は欲しいとして、それだけでは栄養に偏りが出ちゃうし。
葉野菜が合いそうだけど、季節によっては高いしなぁ。
茹でたカボチャとか、ブロッコリーとか、にんじんなんかも悪くないかな???

今月中に、あと2、3回は作ることになりそうです(←ココ・ワラウ・トコロ)

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-09-09 00:33 | 雑記 | Comments(0)
海南ってハイナンと読むんだよ


海南鶏飯……俗にいう海南風チキンライス。
中国の海南島を起源とする料理で、タイではカオマンガイ、
インドネシアではナシアヤム、ベトナムではコムガー、カンボジアではバイムーアンなどなど、東南アジア各地で同様の料理を見ることができます。

チキンライスと言うと、日本ではケチャップライスを連想しがちですが、別物です。
鶏肉を煮た汁でご飯を炊いて、そこに鶏肉を盛りつけ、タレをかけたり、つけたりして食べます。
見た目はタンパクな印象ですが、ものすごくうまいんです!

この料理のキモは、鶏肉がパサパサにならないように上手に炊くことと、
そしてし生姜を効かすことだと思います。

生姜って不思議な食べ物だなぁと思います。
なかなか主役にはなりにくい。でも、生姜なくしてはなりたたない料理が数多い!
生姜焼きしかり、ジンジャーエールしかり、お寿司のガリしかり、このチキンライスしかり。
ん~、この部屋に漂う鶏スープと生姜の香りがたまりません!

今回、初めて作ってみたのですが、ものすごく簡単で、ものすごく美味しかったです。
(自画自賛)

作ってみて思ったんですけど、この料理って、
鶏肉という素材を余すところなく味わおう! って料理なんですよね。
鶏そのものもおいしく食べる。鶏から出た出汁で、ご飯もおいしくする。
さらに余った出汁でスープも作れる。

うーむ、食材に愛あれ、なんだなぁ!!!
……なんだそりゃ。

本日も、ご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-09-07 02:12 | 雑記 | Comments(0)
その後のヌッピー


ヌッピー、ウレピー、ヨロピクネ~♪

えーと、ヌッピーとはharumakiんちで飼っているぬか床の名前です。
ぬか床は生き物なので、名前があるのです。
およそ5か月ほど前に、人生で初めてぬか漬けを漬け始めたのですが、
ひねくれることなく、なかなか素直に育ってくれました。

ちなみにコレ→http://harumaki33.exblog.jp/7791644/

最初の1~2ヵ月はただしょっぱいだけで、ほんとにこれがぬか漬けになるのかな?
と不安と闘いながら、来る日も来る日もぬか床の世話をしていたのですが、
3ヵ月目に入ったころから、ぬか漬け独特の香りが!!
そして今ではなかなか立派なぬか漬けに!!
父ちゃん、諦めないでよかったよ!!(T▽T

今は定番のきゅうりとにんじんを漬けて楽しんでます。
10月の沖縄旅行の際に、置いていくか持っていくか思案中です……。
ペットホテルならぬ、ぬか漬けホテルとかあればいいのにね。
(あっても預けませんが)

※きちんと処理しておけば、1週間くらいは冷蔵庫でもつという経験談もある。
[PR]
by harumaki-33 | 2008-09-06 00:31 | 雑記 | Comments(4)