調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
続・夏野菜を食べよう!
このブログで夏野菜と言えば、やっぱりゴーヤーは外せません。
ですが今日はいつものチャンプルーではなく、ンブシーにしてみました。
ンブシーとは沖縄料理の1つで、“味噌煮”のことです。



○ゴーヤーンブシー

材料
ゴーヤー1/2本……わたと種をとって短冊に切る
豆腐1/2丁……水を切って、手で適当なサイズにちぎる
豚肉 少々(50g程度)
カツオ出汁1/2カップ
味噌大さじ1弱
砂糖 適宜

作り方
1)出汁に味噌を溶かし、ゴーヤーを入れて沸騰させる
2)弱めの中火にし、豆腐と豚肉を加えて煮混む
3)味を見て、好みで砂糖少々を加える ※加えなくてもOK
4)ゴーヤーが柔らかくなったら出来上がりです

※本来は豚出汁を使いますが、家庭では面倒なのでカツオ出汁でも良いと思います。

ンブシーとしては、ナーベーラーンブシー(へちまの味噌煮)のほうが有名ですし、
馴染みもあると思いますが、ゴーヤーでもなかなか美味しい一品になります。
お試しの際は、ゴーヤーがやわやわになるほど煮こまないように気をつけてください。



このほか、きゅうりとにんじを使って、チャンプルーも作ってみました。
これも馴染みがないかも知れませんが、きゅうりは炒めても美味しい食材です。
野菜を炒めるときは、野菜の切り方によって仕上がりの食感が変わるので工夫してみると面白いです。
今回は、きゅうりを縦に半分にした後、斜めに5mm幅の千切りにしてみました。

なんて、ちょっと知ったかぶりしてみたりして(←いつものことだろ!



本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-07-30 16:33 | 沖縄料理のレシピ
夏野菜を食べよう!
今日のテーマは「夏野菜を食べよう!」。
トマト、茄子、ピーマン(パプリカ)、ズッキーニ、きゅうり、などなど、「果菜類」に区分される野菜は、この季節、夏の太陽をたっぷり浴びて美味しくなります。

ラタトゥイユもいいなぁとか、野菜を網焼きして、オリーブオイルをかけて食べてもいいなぁとか、そこに粉チーズをかけても美味いよねぇ! なんて、頭のなかでは西洋テイストを考えていたのに、出来た料理は……あれ? 予想外に地味になってしまいました(^^;



○本日のメニュー
・トマトの和風冷製
・ピーマンの焼きびたし
・キュウリと豚コマ肉の香味ダレかけ
・茄子の味噌炒め



トマトは湯むきして、一番出汁で柔らか~く炊いたあと、冷蔵庫で冷やします。
残った煮汁に醤油と片栗粉(できれば葛)を加えてゆるくとろみをつけ、これも十分に冷ましてからトマトにかけます。

きゅうりは千切りにし、豚コマはさっと茹でた後、冷水でしめて、水を切ります。
タレは、胡麻油と醤油と酢を1対1対4の割合で混ぜ、砂糖を加えて味を整えます。
そこに長ネギとしょうがにみじん切りを加え、全体にぶっかけていただきます。



ピーマンは食べやすいサイズにカットしたのち網焼きし、
一番出汁に、酢、砂糖、醤油、小口切りした高の爪を加えた漬け汁に浸して冷やします。

茄子の味噌炒めは……ま、適当に♪

最近、暑くてろくに料理していなかったので、今日はがっつり作ってしまいました。
結構なボリュームになりましたが、あっさりめの味付けなのと、やっぱり野菜だからか、
すんなり食べられました。とくにトマトの冷製が美味しく出来ました。

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-07-28 22:46 | 雑記
おいしいコーヒーの真実
「おいしいコーヒーの真実」というドキュメンタリー映画を見てきました。

おいしいコーヒーの真実とは何か?
それは、ス○○○○○ス・コーヒーのトールサイズ、1杯330円のうち、
コーヒーを作っている農家には、わずか1%の3円しか支払われていないということです。

そこにフェアではない取引があるということは知っていましたが、
改めて映画を見て、やっぱり結構ショックでした……。

僕もすっかりコーヒー好きになりました。
1日の始まりは、夏でもホットコーヒーを入れて飲みます。
世界で1日に消費されるコーヒーは、およそ20億杯にのぼると言われていますが、
そのコーヒー豆を作っているのは、多くは発展途上国の個人農家です。

映画のなかでは、貧困と飢餓に苦しむコーヒー農家の実情が描かれていました。

エチオピアの、あるコーヒー農家のおじさんのセリフが非常に心に響きました。
「(コーヒー豆1Kgに対して)200円も300円も欲しいって言うんじゃないんだ。
せめて50円くれれば、今の生活が劇的に変わるんだよ」

この映画は2006年の作品ですが、その時点でコーヒー豆1kgに対して、
10~20円しか支払われていないそうです。
コーヒー豆1kgで、およそ80~100杯のコーヒーを淹れることが出来ます。

僕は、フェアトレードのコーヒーが飲みたい!
映画を見終わって、心の底からそう思いました。
コーヒーに限った話ではありません。
極端な利益追及主義=経済優先主義には危機感と嫌悪感を感じます。
先進国の豊かな生活の舞台裏で、その代償を支払わされている人たちがいる。
そんな現状を変えられるのは、僕たちしかいないのかも知れません。

僕は、フェアトレードのコーヒーが飲みたい。
それは今買っているコーヒーより高いかも知れないけど、
そのほうが絶対に気持ちいい。
そのための努力をしていきたいと思いました。
[PR]
by harumaki-33 | 2008-07-27 00:14 | 雑記
風をくれ!
沖縄より東京のほうが暑い!(><

東京に住んでいる人は、そう思わないと思うけど、
沖縄から東京に来た人は、絶対そう思っていると思う。

沖縄は日差しが強く、それはもちろん東京よりずっと強い。
日差しの下にいたら、夏じゃなくても日焼けするし、日焼けの始まるスピードも断然早い。
朝と夜の寒暖差も少ないから、1日の平均気温だけ見れば、
やっぱり日本で一番暑いのは沖縄県だ。

だがしかし、沖縄には風がある!
逆を言えば、東京には風がない!!
海のそばにあるのに!!!

沖縄は、いつも風が吹いている。(ごくたまに凪の日もあるけど)
玄関のドアをほんの10cmくらいあけておいて、部屋の窓を開ける。
風の通り道を作ってやると、すかさず空気が流れだす。
自然の風だから、体も疲れないし、クーラーなしでも結構いける。
(※ただし最上階の部屋に住んでいる人は別。
日中、赤外線を浴び続けた屋根が、夜になっても冷めないのだ!)

沖縄で好きなもの。空。丘から眺める海。そして風……。

ああ、湾岸の高層ビル群、すべてなぎ倒してしまいたひ。(><

……そういえば、日陰も少ない気をするぞ、東京って。


那覇のアパードの窓
[PR]
by harumaki-33 | 2008-07-24 09:15 | 雑記
ゴーヤーのわたと種




あーーーーー、うーーーーー、暑いですね!
しかし夏だからこそ美味いもの、食べたくなるものってありますよね。
カレー、そうめん、うなぎ、冷やし中華、いろいろありますが、野菜で言えばゴーヤー。
そろそろ東京のスーパーでも、1本100円くらいで買える季節になりました。

ゴーヤーを食べるとき、わたと種は取って捨ててしまうことが多いと思うのですが、
これを捨てずにお茶にすると、ダイエット効果があると云われています。

こそげとったわたと種を、手でほぐしてざるなどに広げます。
それを天日にほして、カラカラに乾けば準備完了。
沢山できたときはジップロックなど、機密性の高い入れ物に入れて保存しましょう。

ゴーヤーのわたと種だけではあまり美味しいとは言い難いので、麦茶と一緒に沸かすのがオススメです。
すり鉢などで細かく砕いて、お茶パックに詰めると扱いやすいです。
自分は沸かすのが面倒なので、水出し用の麦茶と一緒に、冷蔵庫でひと晩抽出させてますが、それだけでも結構、ゴーヤーの風味が効いてます。

ゴーヤー茶って買うと高いけど、こうすれば安上がり!
さて、効果のほどはいかに……???

ただし、出荷されているものは大丈夫だと思いますが、
家庭で栽培しているゴーヤーの場合、未成熟の種を摂取すると下痢を起こすそうです。
(実践の際はどうぞお気をつけて……)

===

このほか沖縄では、ゴーヤーのわたを天ぷらにして食べたりします。
一度ご馳走になったことがありますが、ほのかな苦みとふわふたとした食感で、
なかなか美味しかったです。
[PR]
by harumaki-33 | 2008-07-17 23:30 | 雑記
すたりもの料理




沖縄そばの出汁を取るのには、豚の骨が必須です。
在沖中の話ですが、N先生の料理教室に行った帰り、呼びとめられました。

「harumakiさん、ちょっとこの出汁骨、再利用いたしましょう」
「え? 出汁ガラをどうするんですか?」

先生は骨の周りについている肉を、包丁で剥ぎ始めました。
1つの骨についている肉はちょっとですが、一斤(約600g)分から集めると、
そこそこの量になりました。

「アンダンスー(油みそ)は作ったことある? このお肉で作るとよいでしょう。宿題よ~」
「えっ!?」

正直、1時間以上も煮て出汁を取った後のお肉が美味しいのかなぁと思いました。
はたしてこれが、美味しくできたのです。ぜんぜんバカにできません。

「先生、すごく美味しかったですよ」
「でしょう。出汁骨はアンダンスーに、カツオ節はふりかけに、昆布はイリチーに。
手の加え方次第で料理になるのよー。もともと捨てるものではありません。
だいじな食材なのです」

今でも、出汁を取ったあとのカツオ節を捨てる時、先生の言葉が胸をかすめます。
先生すいません! でも……カツオ節のふりかけ、食べきれないんですよ!!(><
昆布と出汁骨は実践してるんですけどね。

===

ちなみに写真はアンダンスーではありません。
出汁骨から削り取ったお肉に、みじん切りにした生姜を加え、
砂糖と酒と醤油、そして隠し味程度にお酢を加えて炒りつけたものです。
さすがにさっぱりしてるわけじゃないけど、ほどよく油が落ちていて、いい具合なのです。
さらにネギのみじん切りと合わせて、アツ飯にぶっかけて食べると最高!(>▽<
な一品です♪

本日もご馳走様でした。
[PR]
by harumaki-33 | 2008-07-14 11:05 | 雑記
僕はそれを我慢できない


夕方、ふと沖縄そばの出汁取りのアイデアを思いつきました。
やってみたら、それほど美味しくないかも知れない。
でも、すごく美味しいかも知れない。

……。
……。
……。

思いついちゃったらしょーがねー!
6時を過ぎてましたが、その足で材料を買いに行きました。
僕はそれを我慢できないのです。

今回の出汁は、美味しさと同時に、安さにも挑戦です。
今度こそ、1杯200円の原価の壁を破って見せるぞ!
でないと、最低でも600円のそばになっちゃいますからね。

しかしこれ、計算で行くと10人分できちゃうんだよなぁ。
うーん……うーん……ま! いいか!!!

出汁取りは計画的に……。
[PR]
by harumaki-33 | 2008-07-12 20:23 | 雑記
これを見て美味そうと思えなくても


この写真を見て、美味そうと思えなくても、それは仕方ない。
だってこれ、冷静に見たら、オレンジ色のやばいドロドロだもん。
それがホット・ライスの上に、乗っているんですよ!?
だからこれを見て、うまそ~と思えない人がいてもおかしくないし、仕方ない。

だが、美味いのだ!

なんと日本人の業深きことか。
だってこれを見て、美味そう! と思うんだもの。
あなた、思いませんか???

誕生日は少し先ですが、今日父ちゃんから、自分の快気祝い&俺の誕生日祝いってことで、産直海水パックのうにが届きました。
(父ちゃん、一時期入院してたんですよ、もう元気になったけど)
白飯炊いて、ドゥバ! とぶっかけて、ドゥバっとかっこんでいただきました。

ん~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~……ンめぇっ!(>▽<

父ちゃん、そしてサミット開催中の北海道のウニ業者の皆さん、 どうもご馳走様でしたっっ!!!
ほんともう、こりゃ大ご馳走だった! 贅沢してごめんなさい!!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-07-08 22:46 | 雑記
キュート君への手紙


沖縄で出会った相棒が、ついに動かなくなってしまいました。
なんとか直らないかとメーカー系列のバイク屋さんに持って行ったのですが、
あちこちが劣化していて、直してもまた壊れるだろうと言われました。

「廃車しかないですかねー?」と聞くと、
「それは僕が決められません。治るかどうかも確約できません」と言われ、
もうここで、休ませてあげるしかないんだなと心を決めました。





沖縄に引っ越した次の日に、キュート君に出会いました。
学校へ通うのにスクーターが欲しいと思っていました。

そこそこいいものを買うか、ボロでもいいから安いのを買うか迷っていましたが、
転入手続きをするのに、県庁まで歩いて出かけたとき、
通りすがりのバイク屋さんに置いてあるのを見て一目ぼれしました。
3万円でした。

日に焼けた赤いボディがキュート!
角ばった古臭いスタイルがキュート! ロゴのセンスが80年代!
なにしろコンパクトで軽い車体がキュ~~~~~ト!
沖縄で1年間生活するのに、欠かせない相棒になりました。

毎日学校に通うのもそうだけど、休日のたびに、
那覇近隣の沖縄そば屋や、美味しいと評判のお店に出かけました。

夏休みには那覇からヤンバルまで、沖縄そば探検旅行をしました。
名護でエンジンオイルがエンプティになったときは焦りました。
辺戸岬を超えて、東海岸を南下して那覇に帰ってきたときは、
このバイクがあれば、俺はどこまでも行ける! と、本気で思いました。

沖縄の、雨がふるとツルツルになる道路の洗礼も何度も浴びました。
低速でコーナーを曲がっても、少し車体を傾けるとツル! っと滑る。
大事には至らなかったけど、傷つけちゃってゴメンね。

屋上のおじさん事件のあと、あれはたぶん報復だったよね。
夜のうちに鍵穴にマッチつめられたり、シート破られたり、
さらになかのスポンジまできれいに抜かれちゃったこともあったなぁ。
あれはショックだったし、悲しかった。

東京に来てから、少しずつ調子が悪くなって行って、
整備に持って行ったら、ずいぶんガタが来てるってことがわかった。
整備士さんもあきれるくらい。そうだよね、昭和60年生まれだもの。

そして、ついにエンジンがかからなくなってしまった。
詳細な原因は不明。整備師さんの話によると、シャフトが歪んでるし、
ゴムにひびが入っていて、ガスの混合が一定じゃなくなってる可能性があって、
それ以前にエンジン内で何かがカラカラ音をたててるって……。
もうメーカーに部品がないんだってさ。

廃車かー。
せっかくシートも、新しいのに変えてもらったのにね。
外見は、まだまだキレイなのにね。

このバイクがこの世から消えてなくなると考えたとき、
自分でも驚くくらい動揺しました。
自分って(意外と?)ものに執着しないほうだと思っていたけど、
そうでもなかったみたいです。

愛車……まさに愛車でした。

でも、乗れないバイクを所持しておく余裕は有りません。
走らないバイクは、徐々に朽ちていくだけです。
週末、廃車手続きしてきます。

今日は最後に、バイクを洗車しました。
ピカピカにしましたよ!!!
夕方、太陽が一瞬出たので、日のあたる場所で写真を撮りました。

ありがとう、マイフレンド。本当に本当にありがとう。
さようならは、まだ言わない。


[PR]
by harumaki-33 | 2008-07-04 00:23 | 雑記
栄町市場から


那覇・栄町市場のPotohotoさんから、水出しアイスコーヒー用の豆が届きました。
さっそく淹れて、いただいています。

ん~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~、んまいっ!!!

これはひいき目なしに、んまいです!
懐かしの、栄町市場の味。山田さん、さえさん、イッペーありがと~!(^▽^

はぁ~、ますます沖縄が恋しくなりました。
potohotoさんは、僕が沖縄にいたころ、いつも美味しいコーヒーを飲ませてくれたコーヒー屋さんです。
potohotoのコーヒーを飲んで、僕のなかのコーヒー魂が目を覚ましました。
コーヒーのおいしさがどういうものなのか、教えてもらったと思っています。

もし沖縄在住の方がここを読んでいたら、いや、これから沖縄に行く人も、
ぜひ一度、那覇・栄町市場と、市場内のpotohotoさんに行ってみてください。
美味しくて、心地よい時間が過ごせると思います♪

っていうか、俺が行きたいよっっ!!(><

■栄町市場のコーヒー屋さん potohoto
ホームページ http://www.potohoto.jp/
※栄町市場は、ゆいレール「安里駅」を降りてすぐの場所にあります。

===

今日のおまけ

[PR]
by harumaki-33 | 2008-07-02 20:23 | 雑記