調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
最新のコメント
お久しぶりです。お買いに..
by 徳山みえ子 at 10:40
>徳山 様 こんにちは..
by harumaki-33 at 00:38
初めまして!素敵な漆器で..
by 徳山みえ子 at 23:03
はじめまして! 我が家..
by 零 at 18:31
おお、higaさん! お..
by harumaki-33 at 23:47
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
春あさり、桜のころ

使用前


使用後

浅蜊(あさり) 日本の食卓を彩る代表的な食用貝。
その旬は春と秋。そして春は、桜の咲くころの浅蜊が美味しいんだそうです。
夕日の魚屋さんに教えてもらいました。

ちょうど桜の咲くころに美味しくなるなんて聞くと、
それだけでなんだかウキウキ、美味しい気持ちになってきます。
浅蜊ちゃんたら、なんて情緒があるんでしょう!

お吸い物。深川飯。酒蒸し。バター炒め……。
いろいろ頭をよぎったのですが、今日はお腹がすき過ぎて、ご飯が食けるまで待てなーい!
ってことで、あさりのスパゲティ(ボンゴレ)にしていただきました。

うひょう! うーまーすーぎーるー(T▽T

な、泣ける旨さです。ああ春の味だよラララララ♪

オチはなし。
本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-03-27 21:19 | 雑記 | Comments(0)
読谷気分でCHA!
2月に沖縄に行ったとき、読谷で出会った君。

忘れられないんだ。どうしてあのとき思いきれなかったのかな。

この前、ついに夢にまで出てきたんだ。

無口なのは出会ったときと一緒だね。

もう一度会いたいよ、君に……。
























































夢にまで見ちゃーしょーがねー!!
ってことで、沖縄にいる友達にお願いして、送ってもらいました!
読谷焼きの急須&湯呑!!! さっき届きました! ヤッフーーー!





今まで急須がないことはなかったのですが、お湯がたくさん入らないとか、
注ぐときにフタ側からお湯が漏れてアチィ! とかして、新しい急須が欲しかったんです。
ほんと自分で行ったときに買っておけば、送料払わずにすんだのにね(^^;

でも、結果オーライ!!
お湯もたっぷり入るし、フタからお湯も漏れないし、
なによりこれがあるのが嬉しい。

大事に使っていきたいと思います♪
[PR]
by harumaki-33 | 2008-03-26 16:59 | 雑記 | Comments(0)
お花見までもうちょっと
今日、東京ではソメイヨシノが開花しました。
朝からいい天気で、「この調子だと、今日あたり咲くぞ!」と思い、
お弁当を作って代々木公園まで様子を見に行きました。



もう今にも咲きそうです!

今日は本当にいい天気で、Tシャツだけでも平気なくらいにぽっかぽか。
それでいて空気にまだ張りがあって、風がふくと肌に気持ち良くて、いつの間にか眠ってしまいました。



目が覚めたら、咲いてたヨ!

……………………じーん。ちょっと感動。
やっぱソメイヨシノって、綺麗ですよね。

ちなみにせっかくなので、作ったお弁当もお見せします。
右から太刀魚の焼き南蛮、鶏むね肉のソテー、玉子焼き、ほうれん草の胡麻和え。
そのほかに梅のおにぎりを持って行きました。



桜もいいけど、やっぱり“団子”も必要ですよね♪
花見本番には、もうちょっと気合いをいれたお弁当を作りたいなと思います。

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-03-22 21:20 | 雑記 | Comments(0)
スパイスに気をつけろ!
いいか、1つだけ言っておく。
スパイス……それも唐辛子やカイエンヌペッパーを触った手で人に触れてはいけない。
いや、自分にさえ触れてはいけないんだ。
その手で目でもこすってみろ。泣くどころじゃ済まないぞ!!
鼻をこすっただけでも、ひりひりして汗をかき始めるんだ。

その手でトイレに行ってしまいました。

……悶絶。

以前にも似たような過ちをしていたにも関わらず、繰り返してしました。
ヒー!!!!(><

くだらない話でスイマセン。





そんな今日の晩御飯は、キーマカレー。
玉ネギを炒めすぎて、ちょっと香ばしくなりすぎたけど、
スパイシーでおいしいカレーになりました(^^

本日もご馳走様!

……まだひりひりしています(汗
[PR]
by harumaki-33 | 2008-03-21 23:52 | 雑記 | Comments(0)
マグロづくし
ドライブ好きの我が両親。
先日、わざわざ栃木から三崎(三浦半島の先端)の朝市に出かけ、
その帰りにマグロをお土産に持ってきました。

「安かったのよ~」と、それは1500円だったそうなのですが、
えーと、その“塊”はお刺身にしたら何人前になるのかにゃ???

お友達にお裾分けしたものの、まだまだ食べきれないほどあるので、
この数日間、なんだかひたすらにマグロを食べていました。







マグロの握り寿司、鉄火巻き、鉄火丼、ネギマ鍋。
変わったところでは、マグロの茶漬けなんてのもやってみたのですが、
これがなかなかに旨いものでした。

1つの食材を「飽きるほど食べる」というのは、料理を勉強する上で結構重要なことだと思うのですが、実際にそういう機会にはなかなか恵まれません。
今回はほんとに飽きるほど食べて、鮪の新しい美味しさを見つけることが出来ました。

母ちゃん、ありがとうよ。

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-03-20 17:34 | 雑記 | Comments(0)
スパイC-!
今の部屋に引っ越して、はや10か月。
今さらですが近所に図書館を発見し、そこでインド料理のレシピ本を借りてきました。
スパイスの使い方に興味があって、一度ちゃんと作ってみたいと思ってたんです。

しかしその本は南インドの料理を中心に紹介された本。
スパイスを多用するのは北インド料理で、南インド料理は素材の持ち味を生かす系の料理なんだそうです。

へー。

とは言いながら、そこは同じインドですから、南インドにもスパイスを使った料理はある。
というか、むしろ南インドくらいのスパイスの使い方が、日本の環境ではちょうどいいんじゃないかな? なんて思いました。

今回はそのなかからチキンカレーを作ってみました。
部屋中がスパイスの香りで満ちていて、辛さと香りで軽くトリップしそうです。

■材料:手羽元500g、にんにくペースト大さじ2、しょうがペースト大さじ2、
ガラムマサラ、ターメリック、コリアンダーパウダー、カイエンペッパー各大さじ1/2、
塩小さじ1、玉ねぎ150g(みじん切り)、トマト水煮缶400cc、サラダ油適量

■作り方


1)にんにく、しょうがのすりおろし、スパイス各種、塩を全部足してよく混ぜる。
それを手羽元によくまぶし、1時間ほど置いておく。


2)深めの鍋に玉ねぎみじん切りを入れて、キツネ色になるまで炒める。
トマトを加えて、3~4分ほど炒める。そこに手羽元を入れ、中火で煮込む。


3)表面に油が浮いてきたら出来上がり。結構焦げやすいので注意。

思っていたよりずっと手軽にできました。
カイエンヌペッパーを少し入れすぎて、非常にスパイシーな仕上がりになりましたが、
なかなか美味しくできたと思います。

でも、辛い!!(><
カイエンペッパーは分量の半分で十分ですね(汗

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-03-17 23:38 | 西洋料理 | Comments(0)
こ、これはヤバイ!


炙りスーチカー丼なるものを作ってみました。

■スーチカーの作り方
1)好みの豚肉を用意する。今回は三枚肉を使用。
2)豚肉の重量の20~30%の塩を豚肉にすりこみ、密封して2日ほど寝かせる。
※すりこむというか、塩で肉を覆う
3)沸騰したお湯で1時間茹でこぼす。→お湯は捨てる
4)泡盛を適量加えたお湯で、さらに2時間茹でる。→肉を漬けたまま冷ます

こうして出来たスーチカーは冷蔵庫に入れておけば軽く1週間は持ちます。
それをスライスして、フライパンで程よく色がつくまで焼いて、どんぶり飯の上に持って、
刻んだネギを混ぜたポンズをかければ、絶品スーチカー丼の出来上がり!

こ、これはヤバーイ。
自分で作っておいて言うのもなんだけど、美味い!!
炙ることによって脂が落ちて、さっぱりとこってりの中間ぐらいの仕上がりになりました。

うむ! 本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-03-14 02:19 | 沖縄料理のレシピ | Comments(2)
不思議な味噌のちから
ヤリイカの白味噌漬けというものを作ってみました。
文献には「生きたヤリイカ」を用いることと書かれていましたが、
釣りにでも行かないと手に入らないので、今回はできるだけ新鮮な、
(肌は茶褐色で目玉がクリアーなもの)を用意して使いました。

白味噌200gに味醂50cc、砂糖大さじ2を加えて、ゆるくて甘い味噌床を作ります。
そこにガーゼでくるんだヤリイカ(下処理はとくになし)を埋めます。







ほどよく漬けたのち、取り出して焼いていただいたのですが、なるほどこれは妙味!!
丸焼きも豪快さがあってよかったですが、芯まで火を通すと焦げやすいので、
胴、エンペラ、ゲソ、それぞれに分けて捌いて焼いたほうが具合が良かったです。

結構長く漬けておいたのに、イカの身のぷりぷりさは残っていて、
それでいて味が染みていて、酒の肴にもご飯の友にも、なかなかの1品になりました。

しかしすごいなぁと思うのは、味噌漬けの保存性の高さです。
全部で5ハイほど漬けて、最後のイカは漬けてから2週間ほど立っていたのですが、
これが悪くなっていないんです。

味の面で少し漬かりすぎかなという気はしましたが、美味しかったし、
お腹を壊すこともありませんでした。味噌、グッジョブ!!
ただし白味噌がちょっとお高いので、これは贅沢料理かも知れませんね。

この冬は買ったり、いただいたり、ずいぶんヤリイカのお世話になりました。
ご馳走さまでした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-03-10 23:46 | 雑記 | Comments(4)
小肌のエロス
今朝は早起きして、築地市場に行ってきました。
築地通いはレジャーなのか勉強なのか、自分にとって境界があいまいですが、
眠い目をこすりながら、かすかに漂う海の臭いを嗅ぎ、
ウミネコの鳴き声を聞くと、妙にすっきりした気分になります。

どことなくオレンジっぽい色調の場内。
魚の油の臭いと、足元に漂う冷気。びゅんびゅん行き交うターレット。
きらきらと輝く魚と、きびきびと働く職人の人たち。
美味しい魚は見た目にも美しく、死んではいるのにまだ生命の輝きを放っています。
今日は天草産の小肌を仕入れてきました。

天草産の小肌がキロ1300円。佐賀産がキロ800円。
天草産の小肌のほうがたしかに厚みがあります。
「やっぱ違うんですか?」って聞いたら、
「違うね。今日の天草産は脂のってるね」という話。
冬の小肌は美味しいと以前から聞いていたので、天草産を買ってきました。
(10尾で0.58キロでした)

子供のころから小肌のお寿司が妙に好きで、
自分が調理人を目指す上で、小肌の仕込みができるようになるのが、
1つの目標というか、夢でした。

捌いていると、やっぱりイワシの仲間(正確にはニシン科)なんだなーと思います。
腹側に鎧のような鱗があるからです。







頭を落して、腹を割くというより、裁ち落とします。
ハラワタを除いて、尾鰭もたち落し、腹開きにして塩→酢で締めてしばらく置きます。
すると小骨まで柔らかくなって、美味しい小肌の酢締めの出来上がり!!
握り寿司にして、いただきました。

できるようになったぞ! と伝えてあげたい12の俺に。

ご馳走様の意味を考える。誰に言う言葉なのか。

作ってくれた人に言う。それもある。
けど、糧になってくれた食材のこそ、言う言葉なのかなとも思う。


赤貝はおまけですw

本日もご馳走でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-03-08 23:24 | 雑記 | Comments(0)
手作り餃子をガブー!




皮が薄い餃子も好きですが、もちもち系の餃子も好きです。
久しぶりに皮がもちもちの餃子を食べたくなって、昨日は夕方から小麦粉をこねて、
餃子を手作りしました。

半分は水餃子、半分は焼き餃子にしていただきました。
元は同じなのに、茹でると焼くでは、それぞれ違う美味しさになりますよね。
水餃子は皮が半透明になって、ちゅるんとした食感に。
焼き餃子は底はぱりぱり、上はもちもちとした食感に。
うーん、小麦粉料理って、奥深いなぁ!

今回は皮も具もなかなか上等にできました。
ガブっと噛むと肉汁があふれて来て、口のなか火傷しました。
それだけならまだいいのですが、噛んだ瞬間、ぴゅー!っと飛び出して、
腕まで火傷しました。アチチチ。

そしてやっぱり餃子にはビールだと思うのです。
うん。

本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2008-03-06 13:30 | 雑記 | Comments(0)