調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
最新のコメント
お久しぶりです。お買いに..
by 徳山みえ子 at 10:40
>徳山 様 こんにちは..
by harumaki-33 at 00:38
初めまして!素敵な漆器で..
by 徳山みえ子 at 23:03
はじめまして! 我が家..
by 零 at 18:31
おお、higaさん! お..
by harumaki-33 at 23:47
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧
訪沖計画2008!
絶望した! 東京の寒さに絶望した!(C)さよなら絶望先生

今日の東京は12月末の寒さだったそうです。
っていうか、現在進行形で寒いです。
部屋のなかで指がかじかんでます。
でもおかあさんが「12がつまでだんぼうをつけちゃいけません!」っていってたからがまんすます。

無理!

だって12月末の寒さなんでしょ?
室温計ないからわかんないけど、めちゃくちゃ寒いよ!!!
もうヤダよ!!

……ってわけで東京が最も寒くなると思われる2月上旬。
沖縄へ逃避することにしました~(^_^)ノ

具体的に言うと2月1日~7日まで。の予定。多分。
沖縄のみなさーん! 遊びに行きます!
よろしくお願いしまーっす!
[PR]
by harumaki-33 | 2007-11-29 19:06 | 雑記 | Comments(2)
壺のススメ!


この壺を持っていれば幸せになれる!

……って、怪しげな商売の話ではありません。
ある意味、本当に幸せになれるかも知れないけど。

なんの話かと言うと、泡盛の話です。
去年、沖縄の産業フェスティバルで1升入る壺を買って、
それにお気に入りの泡盛を詰めて、寝かせてみました。

ちなみに私のお気に入りの泡盛はコチラ。
http://www.awamoriya.net/syouhin/okinwahokubu/takasato/syousai/kuina30dokosyu.htm
クセが強いけど、それが香ばしく感じられる北部産の泡盛です。

古酒と銘打たれているので、およそ3年もの。
それをさらに1年寝かせたので、4年ものになりました。
はたして1年くらいで、そんなに変るものかな~? と疑いつつ、
ほのかな期待を胸に、いざ試飲……。

違うっっ!!

呑み比べた人じゃないとわからないと思いますが、確実に美味しくなってる!
香ばしさの感じが、買ってきてすぐのものと段違い!
あらまー、これはびっくりしたの介。



これは何も5年も10年も寝かせなくても、1年だけでも十分に効果アリ。
果実酒漬けるのも楽しいけど、もう2、3本壺買ってきて、
ただ泡盛寝かせるだけでも、かなり「楽しみ度」の高い道楽になりそう。

そんで少しずつ本数を増やしていって、じいさんになるころには、
20年古酒とか、30年古酒とかできて、ハレー彗星を眺めながら一杯やるのだ。
うむ!

……って、そんな大げさな話じゃなくても、壺は1つ1000円くらいで買えるし、
1本くらいなら邪魔にもならないと思うので、泡盛好きの方にはぜひ、試してみて欲しいです。

いざ、壺のススメ!

===



おまけ:うちで漬けてる豆腐ようちゃん。
こちらもだいぶこなれて、美味しくなっております♪
[PR]
by harumaki-33 | 2007-11-27 17:47 | 雑記 | Comments(2)
たまには肉もの!


鶏のイタリア風照り焼きどーん!(←ものすごく台無しな言い方)
正確には「鶏肉のソテー・赤ワインソース」でございます。
しかし、ほとんどイタリア料理には見えないなぁ。

落合務さんのレシピ見て作りました。
鶏肉に塩・胡椒して、強力粉をまぶして、バターで焼きます。
そこにさらにバターを落して、赤ワインを注ぎ、ある程度煮詰めたら出来上がり♪

それをご飯に載せて、どんぶり風にしていただきました。
うーん……野菜が、ない!
いいんだぜ。たまには肉ー!! な、メシも食いたいんだぜー!

台所がバターのちょっと焦げた感じの、いい匂いになりました。
本日も、ご馳走様!
[PR]
by harumaki-33 | 2007-11-27 02:01 | 雑記 | Comments(0)
最近好きなお味噌汁
今年はなんだか大根が安いような気がします。
丸々1本で80円とか。
でも丸々1本買っても、1人暮らしだとなかなか使いきれません。
なので日常的に消費できるお味噌汁の具にしているのですが、
最近、いつもの千切りではなく、こんなして食べるのにハマっています。

まず、賽の目切りにした大根を先に茹でておきます。
そこに大根おろしにしたものを汁ごと加え、さっと火を通し、アクをすくい、
仕上げにインスタントのお味噌汁を加えて出来上がり♪







もちろん普通にお出汁をとって、お味噌を加えてもおいしいハズですが、
時間がないときや、メンドーなときは、インスタントのお味噌汁を使ってしまいます。
結構、美味しいですよ、マルコメ(笑

大根おろしがみぞれ状になって、寒い日に体温まる一杯です。
刻んだネギと、香りづけにゆずの皮なんて混ぜ込んだら、体もより温まりますヨ(^ ^
[PR]
by harumaki-33 | 2007-11-25 02:15 | 雑記 | Comments(4)
今年も作りました♪


炊きたての新米にー!
イクラの醤油漬けをぶっかけて食うー!

美味い!!

よくぞ! 我、よくぞ日本人に生まれけり!
ヤホーイ!!!(>▽<

===

毎年作ってるんですが、今年も作ってみました♪
ほんとにこれは日本人でなければ出会えない組み合わせだな~と思います。
思わず生んでくれた父ちゃんと母ちゃんに感謝しちゃう味!
美味しいものって、偉大だなぁ(^^





筋子は3%濃度の塩水のなかで、丁寧に1粒ずつほぐしていきます。
350gの筋子で、だいたい1時間くらいで出来ます。
キレイに筋を除き終われば、それはもう筋子からイクラへ。
ザルに15分くらい揚げておくと、なんとも色鮮やかなオレンジに。
それを醤油5、酒2.5、味醂2.5を合わせた調味液に一昼夜漬けておけば完成です。

これがあるとご飯がいくらでも進んでしまい、大変危険な食べ物です。
だからこれを食べるときは、あえてご飯は1合しか炊きません。
(なお、思わず漬け汁をご飯にかけたくなりますが、イクラだけで十分に味がある上、
漬け汁はかなりしょっぱいので、自制しましょう!)

海の恵に感謝して、本日もご馳走様でした!
[PR]
by harumaki-33 | 2007-11-22 21:56 | 雑記 | Comments(0)
秋刀魚の歌




今日の晩御飯は秋刀魚定食~!
頭のほうは素焼きにしてポンズを添えて、尻尾のほうは有馬煮にしてみました。
有馬煮とは、山椒の実を使った煮物のことです。
甘じょっぱい味付けのなかに、スッした山椒の風味がかおります。
むふ♪

しかし秋刀魚の腹はうまいけど、このウロコだけはいかんともしがたいですなー。
これは網で一度に大量に捕るかららしく、網のなかで落ちた自分たちのウロコを、
秋刀魚が飲んでしまうからなんだとか。
そうでない秋刀魚っているんだろうか?
うーん、食ってみたい……。

さんま、さんま、さんま苦いか 塩つぱいか
そが上に熱き涙をしたたらせて さんまを食ふは
いづこの里のならひぞや ―佐藤春夫「秋刀魚の歌」より

そろそろ秋刀魚も終わりかなぁ。
それまでにもう1本、食っときたいです♪
[PR]
by harumaki-33 | 2007-11-21 23:21 | 雑記 | Comments(6)
料理は愛情と云うけれど
愛情もまた料理のようだ。と、云えるじゃないかと思った。

日本料理が好き。西洋料理が好き。中国料理が好き。
エスニックが好き。あっさりしたのが好き。濃い味のが好き。
料理に嗜好があるように、愛情にもまた嗜好があるんじゃなかろうか。
あっさりとした愛情が好き。情熱的な愛情が好き。
やっぱりきっと、それぞれに嗜好があるんじゃないかと思った。

人にお持てなしをするとき、決して料理人主導になってはいけないと思う。
どんなに美味しいと思う料理でも、量が多すぎれば食べきれないし、
脂っこいものだけでコースを作ったら、胸やけするし、お腹を壊すかもしれない。
もちろんそういうコースが好きな人もいるかもしれないけけど、
作りたい、食べてもらいたいだけで料理を作ってはいけないんだ。

今までの自分はどうだったのかと振り返る。
……いや、無理だ。

あんまり恥ずかしくって、振り返れない。
恥ずかしいといえば、この日記だって、相当恥ずかしい。
かなりの赤面日記だぞ、おい!

なんというか、電車に揺られて、妄想メニューを考えながら、
ふと思いついた話なのでありました。ふんがくっく。
[PR]
by harumaki-33 | 2007-11-20 01:46 | 雑記 | Comments(2)
牡蠣玉そば♪


これはちょっと美味しかったぞ~(><
牡蠣と卵さえあれば、簡単にできるあったかメニューです。

鍋に100㏄の水を沸かして昆布出汁を取る。
そこに日本酒を大さじ1加えて、生の牡蠣を入れて炊く。
味醂と醤油を同量ずつ加え、軽く溶いた卵を落し、30秒加熱する。
それを別に用意しておいた、熱々の日本そばに載せていただく。

……うむ!!

牡蠣の風味がお出汁のなかにじゅわ~っと染みて、
ほどよく加熱されてぷっくり膨らんだ牡蠣が半熟の玉子に絡まって、
そういうのを蕎麦と一緒にずずっとすするのが、まさに“口福”♪

寒い日に、心身温まるメニューになりました。
これはたぶん、ご飯にかけてもおいしいと思います(^^

本日もご馳走さまでした!
[PR]
by harumaki-33 | 2007-11-19 00:08 | レシピ(未分類) | Comments(0)
カキフリャー!


私はカキフライを極めるため、
もっともっとカキフライを揚げねばならないのである!
……なんのこっちゃ!

今日の晩御飯はカキフライ~♪
美味しかったけど、やや揚げすぎだったかなぁ。
もっとギリギリの揚げ加減があるはずなのだ。

ちなみにカキフライはソース派です。
本日もご馳走様!!
[PR]
by harumaki-33 | 2007-11-15 02:08 | 雑記 | Comments(2)
新・豆腐の味噌漬け!
以前、豆腐の味噌漬けとゆーものを作ってみました。
コレ→http://harumaki33.exblog.jp/6838355/

その後の話を書いてなかったんですが、これ、じつは結構、美味しくできたんです。
1週間では全然漬かりが浅く、2か月くらい漬けたら、そう、それはまるで味噌味の豆腐よう。
それで味をしめて、今回2度目の「味噌漬け」に挑戦してみました。

豆腐の“漬けもの”って、沖縄以外にもあるものですね~。
中国や台湾にも豆腐ようのようなのがあるし、この味噌漬けは宮崎県の郷土料理です。

===

最近ようやく粕漬け、味噌漬けのコツのようなものがわかってきました。
一番大切なのは「漬け床を美味しく作れ!」ということではないかと思います。
……たぶん。

それだけ聞くと、当たり前と思われるかもしれませんが、
それに気付くのに、いったいどれだけ漬けたことか!(><
人より歩くのが遅いんです。ふんがくっく。

さておき。

漬け床が美味しくなければ、仕上がりが美味しくなるハズもないんですが、
漬け床は必要以上にしょっぱくしなくていいってことに思い当たりました。

味噌漬けや粕漬けって、保存食というイメージを持っていたんです。
たしかに保存性はあるけど、でも、けっして「塩蔵」ではないんだと。
いままで無意識のうちに、必要以上に漬け床をしょっぱくする癖があったんです。

そうじゃなのではないか?

7月に作った味噌漬けは美味しかったけど、ちょっとしょっぱくなってしまいました。
それで今回は、保存性は意識するけど、漬ける前の漬け床を味見して、
そのままで「美味しい!」と思える漬け床にしてみました。

ふふふ……漬けるぜー。
これに豆腐を漬けるぜーー!!!


味噌に花がつおを混ぜるのだ♪


豆腐は水切りして、1片ずつガーゼで包みます。


タッパーに豆腐を入れて、味噌で密封!

食べごろは2か月後。
さぁ、俺なりの「漬け」理論が成功するかどうか、お楽しみです♪
[PR]
by harumaki-33 | 2007-11-14 01:31 | 雑記 | Comments(4)