調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧
竹の子狩り
f0070332_12575922.jpg

f0070332_1258093.jpg

f0070332_1258047.jpg

実家のさらに実家にて、竹の子狩りをしています。
お墓の裏から竹林に上がると、大きいのから小さいのから、
ポコポコとたくさん顔を出していました。

近頃では取る人もまれなようで、
竹林の持ち主から「根こそぎ持ってってくれや」と言われました。
それでも時々、見事な“取り痕”があって、
なんでかねー。見事だねー。と話してたら、
「イノシシか鹿が下りて来て食うんだ」と言われました。

実家の実家は山の国です。
かまどがあって、でっかい釜でアク抜き中です。
うぐいすの声が山に響いて、なんだかとってものどかです。
[PR]
by harumaki-33 | 2007-04-28 12:57
浜松町発内回り午後6時
f0070332_18324583.jpg

通勤ラッシュの時間帯に直撃ー!
皆さんお疲れさまっす!! 車内は素晴らしくおじさん率が高いっす!
仕事帰りのお父さんたちにもまれながら、これから栃木の実家に帰ります!
新しい部屋への引っ越しは5月1日です!
と、とりあえず……
ただいま東京!
[PR]
by harumaki-33 | 2007-04-27 18:32
さらば沖縄!
f0070332_13581198.jpg

さあ出発だ。
また来るぜ、沖縄!('-^*)/
[PR]
by harumaki-33 | 2007-04-27 13:58
ありがとう沖縄
沖縄にはまだ1日半いるけど、これからネット環境の撤収をするので、
その前に在沖中、最後の日記を書こうと思います。

どきどきしながら沖縄入りした1年前。
たしかに沖縄は好きだったし、きっと素晴らしい体験が待っている!
とは思っていたけど、期待していたものを遥かにこえて、
煌めくような体験に満ちた1年でした。

かけがえのない。

この言葉の意味を噛み締める1年でした。
学校だけではない、普段の生活だけでもない、
学校からも、普段の生活からも、俺がもらったものは、
本当にかけがえのないものになりました。

だから声を高らかにして、言います。
ありがとう、沖縄! ありがとう、沖縄!
俺はこの1年で得たものを糧に、もっともっと頑張ります!
そしていつか、恩返しにまた帰ってきたいです。

少しの間、さようなら。
また会う日まで!!

===

とか言いながら、8月にまた遊びに来るけどね(笑
[PR]
by harumaki-33 | 2007-04-26 00:04 | 雑記
綿棒
いよいよ明後日が引越しだ。
明後日の朝に引越しやさんが来るので、
明日1日使って、残りの荷物を梱包しなければならない。
しかしすでに、荷造りのほとんどは終了しているのだ。
あとはこうして使っているパソコンと、若干の荷物を梱包すれば完了である。
ああ、なんて素晴らしきこの計画性。
さすが俺と言えよう!

だけど、綿棒! 今、猛烈に綿棒が欲しい!
下から2番目の、あの箱のなかにしまった綿棒が!!

箱を開けるか、100円ショップに走るか、それが問題だ……。
[PR]
by harumaki-33 | 2007-04-24 23:40 | 雑記
赤田風で食す
首里にある琉球料理店、赤田風(あかたふう)に行って来ました。
沖縄を離れる前に食べることが出来てよかった! と思える料理の数々でした。



メニューだけ見ると見知った料理なのですが、
伝統的な琉球料理のなかにご主人の個性がちらりと感じられ、
体に染み入る美しい味でした。
素晴らしかったです。

今回は10品コース(5800円)を食べてきました。
・ポーポー
・中味のお吸い物
・芋くずアンダーギー
・ミヌダルの盛り合わせ(田芋の唐揚げ・苦瓜梅酢漬け)
・昆布イリチー
・ドゥルワカシー
・耳皮さしみ
・ラフテー
・ジューシー(ウサチ小付)※小は「グァー」と読みます。
・デザート(フルーツパパヤー) 以上10品

ね? 見知ったものばかりでしょう?
けど1つ1つのレベルが高いと、これほどに感動があるのかと、
琉球料理の底力を感じることが出来ました。
山本綾香さんの店よりもインパクトが大きかったかもしれません。
静かなインパクトというか。

こちらのお店、オススメです。
ちょっと高めではありますが、居酒屋2軒ハシゴした気になれば、
それ以上に満足できると思います。

トップ10を発表した後に、これまた美味い店に出会ってしまったなぁ。
ああ、クワッチーサビタン!
[PR]
by harumaki-33 | 2007-04-24 00:14 | 食べ歩き
総決算! 沖縄食べ歩きトップ10!
ほーたーるのー、ひーかーぁりー♪
ううう……沖縄を発つまで、あと残り6日。
本当の本当に、もうすぐ沖縄を離れなければいけません。
なんて寂しいんでしょうっっ!!

沖縄に来て1年と1ヵ月がたちました。
その間、数々の美味しいものにめぐり合うことが出来ました。
沖縄を旅した人の中には、「沖縄に美味いものなし!」と豪語する人もいますが、
それはたんに、美味しいお店にめぐり合えなかっただけだと思います。
観光立国の沖縄では、逆に本当に美味しいお店の情報が露出しにくい状況で、
それも仕方ないのかなって思います。

だがしかし!!!

この1年の間、出来る限り美味しいものを求めて食べ歩きをしました。
そして確かに、沖縄には美味いものがたくさんあったのです。

そのなかでもとくに美味しいと思ったお店を紹介したいと思います。
ここに紹介するお店は、自分の舌が正直に美味しいと思ったお店です。
沖縄に観光でいらっしゃる方も、在住の方も、気が向いたら足を運んでみてください。
皆様の舌と胃袋の幸福に貢献できれば幸いです。

なおこのトップ10に1位はありません。
どのお店も一番の美味しさです!


◇沖縄そば編


○すーまぬめぇ(那覇市国場)




沖縄そば・大 500円

出汁も具も上品に仕上げられたあっさり系のおそば屋さんです。
丁寧な仕事でバランスのよいおそばは、誰にでも安心して薦められます。
麺は亀濱製麺所のものを使用。フーチバーのサービスもあります。
サイドメニューも美味しくて、私はいなりがお気に入りです。
ごまと大葉を酢飯に混ぜ込んだ、風味豊かな逸品!(2個100円)

そばは沖縄そば、ソーキそば、てぃびちそば、すぺしゃるそばなどがありますが、
個人的にはスタンダードな沖縄そばがオススメです。
ぜひフーチバーを載せて食べてみてください。


○山原そば(本部町伊豆見)




ソーキそば(小) 550円

本島北部、そば街道(県道84号線)沿いの有名店です。
豚の旨味がしっかりと効いた、黄金色のだしが本当に美味い!
麺はやや太めの三角屋製麺所の麺を使っていて、だしとの相性もバッチリです。
那覇のソーキは骨からほろっと外れるほど柔らかく炊いたものが多いですが、
ここのソーキはがぶっとした噛み応えを残した仕上がりで、
甘辛い味付けがそば全体の美味さを引き上げています。

有名店の名に恥じない、期待を裏切らないおそばです。
時々行列が出来ますがさほど待ちはしませんし、
北部に足を伸ばした際はぜひ寄ってみて欲しいお店です。


○しまぶく(沖縄市)




沖縄そば(中) 500円 

この店は「究極のあっさり出汁の店」として有名なのですが、
あっさり=薄味なわけではなく、その出汁の風味はむしろ濃厚。
丁寧に油が抜かれた出汁はまさしく「あっさり」なのに、
ひとくち出汁をすすると、カツオの旨味が「ぎゅおー!」っと押し寄せてきます。

出汁が存分に効いているので、塩を控えても味がある。
しょっぱくないので、出汁を最後まで抵抗なく飲めてしまう。
これだけカツオが効いているのに、ちっとも魚臭くない。
あまりに出汁が濃いので化学調味料を使ってるのか?
と疑ってみたけど、そういうくどさもありません。
何気ない一杯なのに、すごいそばなんです。

学校の先生に話をしたところ、もう代は変わっているけど、
この店は「沖縄そば屋三大おばあ」のうちの1人のお店なんだそうです。
ちなみにあとの2人は、本部・岸本食堂のおばあ。
首里・さくら屋のおばあだそうです。
残念ながらお三方とも引退し、さくら屋は閉店。
岸本食堂も三代目が後を継いでいるそうです。


○ひかり食堂(浦添市)




てぃびちそば 735円

てぃびちとは豚足の煮物のことで、焼肉屋さんなどで食べられる豚足とは違い、
とろけるように柔らかく煮込むのが特徴です。
おでん風にあっさり炊いたてぃびち汁のほか、醤油と砂糖で甘辛く炊いたりします。
てぃびちそばは、そのてぃびちを具材にしたそばです。

けどここひかり食堂は、たんに具として乗せているだけではありません。
てぃびちから取れた出汁を、沖縄そばの出汁として使っているのです。
そのインパクトは大!
そばをずずっとすする度に、てぃびちの濃厚な美味さが口のなかに広がります。

そもそもてぃびちからは美味しい出汁が出るのですが、
ほかの店の多くは別にそば専用の出汁を取るので、
そこにてぃびちの出汁を合わせるということはあまりしません。
ひかり食堂のてぃびちそばは、てぃびち専門店ならではのそばだと言えるでしょう。

ただし、てぃびちの出汁はコラーゲンが溶け出した、こってり濃厚な出汁です。
あっさり系のお出汁が好きな方には、ちょっと濃すぎるかも知れません。


○本家 亀そば(那覇市港町)




亀そば 480円

沖縄そばのだしは、大きくカツオ系か豚骨系の2つに分けられます。
こちらの亀そばは、沖縄在来の豚アグーを使った豚骨系の店。
自分はカツオ系のだしが好きなのですが、ここのだしは美味しい! と思いました。
豚骨系沖縄そばの雄だと思います。

沖縄そばとしては独創的と言っていいほど、濃い豚骨だしを取っていて、
むしろ豚骨ラーメンに近い沖縄そばと言えるかも知れません。
そもそも沖縄そばとラーメンは親戚みたいなものなんですけどね。
(どちらも祖先は支那そばなのです)

麺はコシのある細麺で、お店専用に作っているものらしいです。
店の名を冠した「亀そば」は、三枚肉と軟骨ソーキが入っていてお得感があります。
フーチバーのサービスもあり。


○宮古そば 田舎(公設市場店)




ソーキそば 350円

ここは私を沖縄へと導いた店です。
私は以前から、将来食堂をやりたいなぁと思っていたのですが、
ここのそばを食べて「食堂をするならこれがやりたい!」と思い、
はるばる沖縄まで来てしまいました。

有名店ではありません。
特別洗練されたそばでもないと思います。
でも1年そばを食べ歩いてきて、ごく個人的に一番好きな店は?
と聞かれたら、迷わずここだと答えます。

ややこってりとした出汁。亀濱製麺所の麺。
そして芯まで柔らかく煮詰めた軟骨ソーキ。
美味いんです、これが!!


◇その他編


○金壷食堂(那覇市壷屋)




精進料理バイキング 500円

平和通りの最奥部にある、台湾精進料理のお店です。
500円で食べ放題のバイキングをやっています。
安い上にたっぷり食べられる。けれど味もしっかりしています。
お昼前後に行くと、揚げ立ての精進春巻が付いてくるのも嬉しいサービスです。
料理は日によって変わりますが、そのどれにも動物性の食材は使われていません。
なかには「これはさすがに肉でしょう?」と疑いたくなるものもあります。
身体に優しい味付けで、ついつい食べ過ぎてしまい、
その辺は体によろしくないかも知れません。

個人的に好きなメニューはビーフン炒めと薬膳スープ。
それにおかゆに台湾豆腐ようを入れて食べるのが好きです。
台湾の豆腐ようは沖縄の豆腐ようとはだいぶ違っていて、
お味噌と納豆をあわせたような食感+味。
きっと抵抗なく食べられると思うので、ぜひ一度試してみてください。


○むんじゅる弁当(那覇市壷屋)




お弁当 400円均一 ※一部450円のものもあります。

沖縄は知られざる(?)お弁当屋さん天国です。
ちょっと散歩しただけでも、すぐに3、4軒のお弁当屋さんに出会います。
チェーン店も進出していますが、個人経営のお弁当屋さんが多いです。
お弁当というと、いくらくらいのイメージがありますか?
沖縄のお弁当屋さんでは、300円〜400円も出すと、
ボリューム満点の美味しいお弁当を食べることが出来ます。

なかでもお気に入りなのは、アパートの近所にあるむんじゅる弁当です。
たくさんあるお惣菜をあれこれ組み合わせてお弁当にするのですが、
おすすめは鶏の照り焼き風と白身魚のフライ弁当です。
甘辛い鶏照りと、タルタル添えのフライをガブっとする幸せ♪
カロリーは考えずに完食してしまいます。
沖縄のお弁当屋さんとしては高めの1つ400円のお弁当ですが、
ボリューム満点、味は良し! おかずも豊富なお弁当が食べられます。
ちなみにむんじゅるとは沖縄の工芸品で、草で編んだ笠のことです。


○赤とんぼ(那覇市松尾)




タコライス(中) 400円

国際通りから平和通り、あるいは市場本通りに入り、
まっすぐ進むとサンライズ通りというひなびた(?)商店街に出ます。
その商店街の中ほどにある、タコス&タコライス屋さんです。
タコライスもあちこちで食べましたが、私はここのタコライスが一番好きです。
どう違うのかって説明しずらいんですが、タコスそのものの味付けもいいし、
チーズやレタス、クラッシュトマトのバランスもいいし、
あとはやっぱり決め手はサルサソースでしょうか。
ボリュームも満点で、自分には小で充分なんですが、
ついつい中を頼んでしまうんですよね。
大はお腹ペコペコの学生向きだと思います(笑
あとタコスも、パリパリの皮でとっても美味しいです。


○coffee potohoto(那覇市安里)




ホットコーヒー 200円 ※数種類の豆から選んで淹れてもらえます。

栄町市場の真ん中くらいにあるコーヒー屋さんです。
私は始めて「馴染みの喫茶店があるのって、こんなに幸せなんだ」と感じました。
とっても小さなお店ですが、美味しいコーヒーが格安で呑め、
確かな知識のご主人と、チャーミングな奥さんとの会話に心が和みます。

こちらのコーヒーはフレンチプレスというコーヒーポットで淹れられています。
ホットコーヒーも美味しいのですが、沖縄県産の牛乳を使ったカフェラテや、
水出しのアイスコーヒーも本当に美味しい。
栄町自体も魅力的なところなので、那覇散策の折りに寄ってみて欲しいお店です。

ちなに豆の販売も行っています。
ご主人に聞くと、それぞれの豆の特徴を教えてくれます。
先日、近日販売予定のパン(モーニング?)を試食させてもらったのですが、
これがまたおどろきの美味しさで、販売開始が楽しみです。

===

もちろんここで紹介しなかった店でも、美味しいお店はたくさんありました。
その辺は、過去の日記を「食べ歩き」から探してみてください。

1年間、私の味覚を満足させてくれた沖縄と、
素晴らしい料理を提供してくれたお店の方々に心から感謝したいと思います。
ニフェーデービル。ありがとうございました!
[PR]
by harumaki-33 | 2007-04-21 21:19 | 食べ歩き
今日は浜下り
浜下りと書いて「はまおり」と読みます。
旧暦の3月3日に行われる沖縄の風習です。
この日の前後に沖縄は1年でも最大級の干潮を迎えます。
この日に浜へ降りて、はだしで歩くと、1年間健康でいられると伝えられています。
3月3日ということもあり、本来は女の子の行事であるようです。

沖縄ではこういった「ハレの日」には、美味しい料理を作り、
御重につめてみんなで食べるという習慣があります。
浜下りの日に作る御重を「三月御重(サンガチウジュウ)」といい、
子供が生まれて始めて迎える三月御重を「初御重(ハチウジュウ)」といいます。

今回、那覇に住む友達の娘さん(0歳)が初御重を向かえるということで、
料理の手伝い+浜下りの手伝いに行って来ました。

ふぅーーーー、長い前ふりだった。

今回は南部の百名ビーチに行きました。
ビーチについたのが午後3時ごろで、ほぼ干潮のピークです。
ご覧のように、ずどーん! と潮が引いていました。



潮の引き方は、そうとう早いようです。
潮溜まりには、逃げ送れたたくさんの魚や、海の生き物がいました。
なかでもアメフラシとアバサー(はりせんぼん)が可愛かったです。





浜下りの行事(おまじない?)には色々あるようですが、三回続けて波を飛びこえたり、
潮水を少しだけ浴びたりして身を清めます。
私たちは額に潮水を3回つけ、その後で海水に足を浸してお清めしました。
私は男ですが、便乗して1年の健康を祈願しました。

今年も1年健康なまま、美味しい物と美味しいお酒が楽しめますように!
[PR]
by harumaki-33 | 2007-04-19 23:18 | ぶらぶら記
引越し準備本格スタート!
いよいよ来週には引越しです!
今、こうしている部屋を来週には引き払うということに、実感がわきません。
たった1年しか住まなかったけど、すっかり馴染んでしまいました。
やっぱり名残惜しいなぁ。

と、言っていても仕方ないので、
ちゃくちゃくと引越しの準備を進めています。

昨日までは、「これはまだ使うから取っておいてー」とか言って、
おもに調理器具や食器類を除いて片付けをしていたのですが、
ちまちまするのが面倒になり、「もうこの部屋で料理しない!」と決めました。
明日から旅行に行くつもりで、容赦なく端から片付ける!
残しておくのは、着替えと洗面道具、布団、パソコンくらいです。

衣料品、梱包完了!
調理器具、食器類、梱包率78%完了!
本棚解体作業終了! 書籍類、梱包90%完了!
左舷、弾幕薄いよ! 何やってんの!

本腰入れれば、結構早く終るんじゃないの~?
……なんて思ってましたが、わっはっは! 終るわけがない!
今日はダンボール5箱まとめて、作業を終らせました。

しかし不思議だなー。
明日からほとんど毎日、遊びの予定が入ってます。
そのつもりもあって、早めに準備をはじめていたのですが、
本当に大丈夫か!? 俺!?
[PR]
by harumaki-33 | 2007-04-18 23:43 | 雑記
海やばい
f0070332_1114253.jpg

f0070332_111436.jpg

海やばいよ、海。
きれいなんてもんじゃない。超きれい。
もう青。すごい青。青の洪水。
あと静か。まじ波の音しか聞こえないし。
ぼーっと見てたら1時間が過ぎてた。
ほんと何回来ても飽きない。
[PR]
by harumaki-33 | 2007-04-16 11:01