調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:レシピ(未分類)( 47 )
牡蠣玉そば♪


これはちょっと美味しかったぞ~(><
牡蠣と卵さえあれば、簡単にできるあったかメニューです。

鍋に100㏄の水を沸かして昆布出汁を取る。
そこに日本酒を大さじ1加えて、生の牡蠣を入れて炊く。
味醂と醤油を同量ずつ加え、軽く溶いた卵を落し、30秒加熱する。
それを別に用意しておいた、熱々の日本そばに載せていただく。

……うむ!!

牡蠣の風味がお出汁のなかにじゅわ~っと染みて、
ほどよく加熱されてぷっくり膨らんだ牡蠣が半熟の玉子に絡まって、
そういうのを蕎麦と一緒にずずっとすするのが、まさに“口福”♪

寒い日に、心身温まるメニューになりました。
これはたぶん、ご飯にかけてもおいしいと思います(^^

本日もご馳走さまでした!
[PR]
by harumaki-33 | 2007-11-19 00:08 | レシピ(未分類)
1週間後のお楽しみ




先日、湯豆腐で晩御飯にしたとき、
少し古くなった味ポンを使って、大変なことになりました。
どう大変だったかは省略しますが、とにかく大変だったんです!

どうも古くなった調味料とは、相性が悪いようです。
以前も古くなった味噌を使って同じような目にありました。
古いといっても、ポンズや味噌の類で食中毒もないと思うんだけど、
どーも濃すぎるアミノ酸が鬼門みたい。

で、悔しいのでポンズを自分で作ってみました。
これでも料理人(の卵)! ポンズくらい自作しなくてどうする!!
そんなに難しいものじゃないし、材料もそんなに高くないです。
いまならすだちも安く手に入るし、レモンや橙でもOKです。

■ポンズの作り方
■材料:かんきつ類の果汁100㏄(今回はすだち16個使用)、お酢50㏄、醤油100㏄、煮切り味醂20㏄、かつお節5~10g、昆布3cm片
■作り方:材料を全部足して、1晩寝かす。それをガーゼかリードペーパーで漉して、さらに1週間寝かせる。

自作したポンズは、なんと言っても香りがいい!
すだちの香りもそうだけど、かつお節のほのかな香りが食欲をそそります。

ただ、時間がかかるのが欠点かもしれません。
仕込んでから、美味しく使えるのに1週間かかります。
でも日持ちするので、多めに作っておくと1~2か月くらいは使えます。

やっぱこれ使うとしたら鍋でしょ~!
お楽しみは、1週間後♪
[PR]
by harumaki-33 | 2007-11-09 22:12 | レシピ(未分類)
寒い夜には……
熱々の坦々麺である! 麺は手打ちである!


茹でたての白く輝く麺に


甘辛の肉そぼろと、辛~いタレをかけて


よくかき混ぜて、食べる!

はふはふ、ずるずる、ふきふき、ごくん!(「ふきふき」は汗を吹く音)
玉の汗をかきつつ、熱く辛い麺をかっ込むのだ!
はふ~、ごちそうさま~(´З`=З

手打ち麺は、延すのがちょっと面倒なんですけど、
このちゅるちゅるした麺の食感と味は、その苦労を忘れさせてくれます。

あー、うめ~~。やべ~~。もっと食べたい~~。
小麦粉って、絶対中毒性あると思うな。

寒い夜には、熱々の坦々麺。
本日もご馳走さまでした♪
[PR]
by harumaki-33 | 2007-10-19 00:38 | レシピ(未分類)
ナンだバカヤロー!


せっかく美味しい(自画自賛)カレーが出来たので、
ご飯でもきっと美味しいと思うけど、ちょっと気分を出して、
ナンを焼いてみました。

■簡単ナンレシピ

○材料(2枚分)
・ 強力粉 150g
・ プレーンヨーグルト 120g
・ ドライイースト 小さじ1(3g)

○作り方
1)ボウルに強力粉、ベーキングパウダーを入れてよく混ぜる。
2)1の真ん中を凹ませて、ヨーグルトを流し入れ、ゆっくり混ぜる。
3)耳たぶぐらいの固さになったら、30分~1時間ぐらい寝かせる。
4)生地を寝かし終わったら、3等分にして薄く延ばし、フライパンで弱火にして1枚ずつ焼く。

うまい! けど熱い(手が)!!
焼くときにバターを使ってもおいしいです。
本日もご馳走様でした~。
[PR]
by harumaki-33 | 2007-10-02 14:53 | レシピ(未分類)
ナーベーラーのぽたぽた焼き
ナーベーラー。沖縄の食用ヘチマ。
まだまだ東京での知名度は低い。
東京で人に話すと、およそ次のようになる。

「沖縄の野菜ではナーベーラーが好き」
「ナーベーラーって何?」
「沖縄でとれる食用のヘチマだよ」
「へちま!? 体洗うやつ? あれを!?」
「違うよ。もっと小さくて、繊維が少なくて、やわらかいんだよ」
「ふーん……(←やっぱり想像できないらしい)」

……でも、美味いんだよ!!

さておき、ナーベーラーの食べ方と言えば、一番はンブシー、
そしてタシヤー、チャンプルーではないかと思います。
市場の奥さんに聞くと、湯がいて酢味噌和えにしたりもするそうです。
それもおいしそうですね。

それらの食べ方ももちろん好きです。
(とくに栄町市場の「やいま」のナーベーラーンブシーは最高!)
でも、それらに次いで、私は砂糖じょうゆで焼く食べ方も好きです。
和琉料理、邪道の謗りを受けそうで怖いですが、でも美味いんです!



■ナーベーラーのぽたぽた焼き

1)ナーベーラーは皮の処理をして、7mm~10mmほどの厚さで輪切りにする。

2)最初は強火で切り口を焼きつけ、次に中弱火にしてじっくり火を通す。
ナーベーラーって、じっくり火を通して、しっとり仕上げるのがコツだと思います。

3)ナーベーラーに透明感が出てきたら、表面に軽く砂糖を振りかける。
ナーベーラー自体が甘味を持っているので、量はほんの少しでいいです。
でもやっぱりかけたほうが美味しいです。

4)最後に醤油を振りかけて、なべ底の砂糖をまとめるようにからめたら出来上がり!

※ぽたぽた焼きとはおせんべいの名前から借用してます。
3~4は、砂糖と醤油をあらかじめ合わせておいて、最後にふりかけるのでもOKです。
甘さは好みで調節してください。

主役はナーベーラーで、今回は豆腐を添えてみました。
ちょっと鉄板焼き風味の一品です。

豚肉、もやしと一緒にこの味付けで、タシヤー風に炒めてもおいしいです。
冷蔵庫にナーベーラーが眠ってる方は、一度試してみてください。
……って、こんなのじつは家庭では当たり前だったりして?

お粗末さまでした~!
[PR]
by harumaki-33 | 2007-09-12 11:38 | レシピ(未分類)
なまり節と胡瓜と三杯酢




お友達から、釣りたてのソウダガツオをいただきました。
それを使ってなまり節に挑戦です!

挑戦……と言っても、じつは作り方はちょー簡単。
三枚に卸したカツオを、小骨のラインに沿って2つに割り、 蒸して、冷やすだけ。
脂が落ちて、素材の味がぎゅっとしまった美味し~……い! なまり節が出来ました!

なまり節って普段あまり食べないと思うのですが、
沖縄ではよく売っていて、ソーミンチャンプルーに入れたり、
和えものなんかにして、つきだしに出されたりします。
今日は純和風に、きゅうりと一緒に三杯酢で和えてみました。

うん、美味しい!(^^

売ってるなまり節より、瑞々しいというか生っぽいというか、柔らかくて食べやすい。
ほとんどシーチキンみたいな感じです。
美味しい上に、体にしみる味で、夏バテも回復したように思います。



ちなみにお昼は、このなまり節を使ってパスタソースを作りました。
なまり節から出汁がよく出て、美味しいソースになりました。

本日も、ご馳走様!
[PR]
by harumaki-33 | 2007-08-30 01:23 | レシピ(未分類)
乾麺で冷やしそば


今日のお昼は、乾麺の沖縄そばを使って冷やしそばにしました。
タレは麺つゆを大根おろしで割って、お酢と砂糖で味を調えます。



乾麺って、はたして沖縄そばと言えるのかどうかわかりませんが、
僕はこの「アワセそば」は、結構好きです。
とくに冷やし用に使うと、コシもあって、タレも絡みやすく、美味しいです。

沖縄の居酒屋さんで、茹でた麺に味ポンをかけただけのものを出されたのですが、
それが美味しくて、「どこの麺を使ってるの?」って聞いたら、「あははー。これだよ!」と、
教えてくました。
それまで「乾麺なんて」と、ちょっと馬鹿にしていたことを反省です。

具はテキトーに乗せましょう。
今日は納豆しか使ってませんが、オクラやゴーヤースライス、
トマトなんかを乗っけてもおいしいと思います。
冷やし中華っぽいけど、やっぱりどこか違う、冷やし沖縄そばです。
[PR]
by harumaki-33 | 2007-08-26 15:53 | レシピ(未分類)
雨の日に
めずらしく西洋料理に挑戦!
白身魚のテリーヌとゴルゴンゾーラのパスタを作りました。

テリーヌ! とか偉そうに言っても、ほとんど創作料理です。
なぜかと言えば、本来必要な材料をきちんと揃えないから。
おうちにあるもの+必要最小限のものだけ買って作ってみました。



■作り方
1)白身魚を3枚に卸す。今回は伊佐木を使いました。
海水程度の塩水にくぐらせた後、水気を取って昆布に挟み、蒸しあげます。

2)蒸し上がった白身魚をフードプロセッサーに入れ、生クリーム50ccを加え、
塩、白コショウで味を整え、つなぎのために小麦粉小さじ1を加えて、念入りに回します。
途中、味を見てください。

3)出来たソースに、別に茹でておいた枝豆を加えて混ぜ、型に流し込みます。

4)伊佐木のあらを鍋に入れ、ざく切りした玉ねぎ半分を加え、
水400ccを注いで出汁を取ります。

5)出汁を漉し(300cc仕上がり)、固形コンソメ1/2を加え、
塩と胡椒でごく薄口に味をつけます。
粗熱を取ってからゼラチン5gを加えて、沸騰させない程度に加熱し、
(3)の型に流し込みます。

6)残しておいた枝豆を均等に散らばるように落し、そのまま静かに冷やし固めます。

冷えたら一口大にスライスして出来上がり!
毎度の自画自賛ですが、美味しくできました♪
うーん、でもコンソメゼリーの部分をいかに濁りなく作るかが課題だな……。



もう一品のゴルゴンゾーラソースのパスタは簡単です。
生クリーム100ccをゆるい火加減で温め、
そこに小さく刻んだゴルゴンゾーラチーズ50gを入れ、
かき混ぜながら溶かします(4~5分くらいかけてゆっくり)。
塩、胡椒で好みの味付けにして、ゆでたパスタと絡めます。終わり。

美味しい! けど結構重たいソースなので、
パスタは若干少なめにしておくとよいと思います。
温野菜との相性もグー! です!

本日もご馳走様でした。
[PR]
by harumaki-33 | 2007-07-16 20:52 | レシピ(未分類)
父ちゃん! 俺は豆腐マスターを目指すぜ!


うそです。豆腐マスターは、うそ。
でも以前ご紹介した豆腐ようとは別に、
また違う豆腐の“漬けもの”に挑戦してみました。

それは! 豆腐の味噌漬け!!

宮崎の郷土食居酒屋さんで食べた一品。
沖縄の豆腐ようとは違うものの、やはり独特の濃厚さがあって、
すんばらしく美味しかったのです。

作ってみたい!!(><

そんなわけで、どう作るのかも知らないのですが、
なんとかくこんな感じではないか? と思いをめぐらし、 やってみました。
どなたか宮崎出身の人がいたら、ちゃんとした作り方教えてください。

1)木綿豆腐と絹ごし豆腐。両方用意してみました。
これを両方、同じように水切りをします(一昼夜半)。

2)味噌は越後の米こうじみそを使ってみました。
豆腐ようも、泡盛に米こうじを混ぜて使います。相性よいかも!?

味噌600gに対し、味醂100cc、日本酒50㏄を加え、
さらに花がつお30g、砂糖大匙2を加えてよく混ぜます。

3)調味した味噌をタッパーに敷き、ガーゼでくるんだ豆腐を載せる。
さらにその上から味噌を隙間のないようにかぶせます。
その状態で……そうだなぁ、1週間くらい寝かせてみるか!!

さー、どうなることでしょう?

待ってみよ~、待ってみよ~♪
これは焼酎かなぁ。日本酒かなぁ。
わくわく。
[PR]
by harumaki-33 | 2007-07-08 23:42 | レシピ(未分類)
エスニック風?鶏の親子丼


昨日の夜、打ち合せから帰ってきた途端、急ぎの修正が入って、
ほんとは違うもの作ろうと思ってたのに、いいよもぉ、適当で!
とテケトーに作ったものが、意外に美味しく仕上がりました。

なんちゃってエスニック風? の親子丼です。

■材料:鶏ささみ1房、玉ねぎ1/4個、じゃがいも半個、卵1個 香草適量
■作り方:じゃがいもは細切りに。玉ねぎ、ささみは適当にスライス。
じゃがいも、玉ねぎ、ささみの順に火を通し、胡椒、カレー粉、ナンプラーで味付。
火を止めて、フライパンの余熱で卵の白身を絡めて、アツ飯に盛って、
天辺に卵の黄身を載せる。お好みで香草を散らして出来上がり!

スパイシーな香りが食欲をそそります。
卵入れないと親子丼にならないけど、なくてもいい感じ。
(食欲ないときは、むしろ卵ない方がいいかも?)
心なしかスタミナも付きそうな一品になりました。

昨日の夜作って美味しかったので、また今日の昼にも作ってみました。
カレー粉はしっかりめに入れたほうが美味しいと思います。
じゃがいもはなくてもよいかな~?

本日もごちそうさまでした♪
[PR]
by harumaki-33 | 2007-07-03 17:04 | レシピ(未分類)