調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


シャブスキーに挑戦!




シャブスキーってご存じですか?
昔々「美味しんぼ」の初期のころに登場した料理です。
って、調べたら20年以上前だよ! ほんとに昔々じゃん!
こわっ!

さておき。

海原雄山曰く、「すき焼きは肉をただ甘く食うだけの料理で、
しゃぶしゃぶは肉のうまみを湯のなかに捨てている料理だ」と糾弾。
じつはちょっと同感していた山岡が、すき焼きの良いところと、
しゃぶしゃぶの良いところを合体させて考案した料理……
それがシャブスキーなのです!
(※もともとは「魯山人風すき焼き」がベースになっているようです)

で、あちこちで作り方を調べてやってみました。
これ正解がありません。みんな想像でレシピを作っています。
ここで紹介するのもアレンジの1つとして見てください。

■シャブスキー

材料:1人前
○割り下
酒 2合
梅干 2個
にんにく 1片
※梅干をほぐし、にんにくは皮を剥いて4つ割にし、酒に入れて煮詰める。

一番出汁 3カップ
酒 大さじ1
味醂 大さじ1
醤油 大さじ2
※上記の煮切り酒と足して、割り下にする。
※1カップ分はそのままとっておき、タレに使う。

○タレ
日本酒 1合
梅干 1個
※日本酒にほぐした梅干を加え、量が7分目くらいになるまで煮詰める。
※割り下と同割で割って、漬け汁にする。



○具
お肉 食べたいだけ……今日は鶏肉と豚コマにしました。 牛肉高い~。
ネギ 2本……4㎝長さに揃えて切り、隠し包丁を入れ、少し焼き目をつけておく。
白菜 2~3枚……切らずに下茹でしてから、食べやすい大きさに切る。
春菊 1/3束……固い茎は覗き、食べやすいサイズに切る。
エリンギ 1本……薄切りに。
豆腐 1/2丁……軽く水切りしておく。

1)鍋に割り下をはり、静かに沸かす。ボコボコ沸かさないこと。
2)野菜を全体に敷くように加える。豆腐を加える。
3)割り下が再び温まったら、お肉をしゃぶしゃぶの要領で食べる。

な・る・ほ・ど、これはうまい!
しみじみうまい系です。日本酒が似合う鍋だと思います。
湯豆腐とかタラちりより食べ応えがあって、
素材、お肉の持ち味を損なわず食べられる感じです。

鶏肉は新鮮なものを使い、まわりがほんのり白くなるくらいで引き上げます。
豚肉は好みだと思いますが、ピンク色くらいでも大丈夫だと思います。

うむー。やるな士朗!

本日もご馳走様でした♪

===

でもこれ、流行らないかもしれない。と、思いました。
なんというか、鍋としては繊細すぎるのかもしれません。

僕はすき焼きもしゃぶしゃぶも好きです。
たしかに素材の味を100%味わう料理ではないかもしれませんが、
わかりやすいし、楽しいし、おいしいじゃないですか。

完璧が最良とは限らない。

そんなことを食べながら思いました。
美味しかったですけどね!(笑)
[PR]
by harumaki-33 | 2008-11-10 21:52 | 日本料理
<< はんすう せめて体だけでも >>