調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


魅惑の琉球漆器
もともと沖縄そばが好き! というだけで沖縄“琉”学してしまった私ですが、
1年沖縄に滞在するうちに、食にしても、それ以外のものにしても、
様々な沖縄独自の文化に関心が向くようになりました。

その1つが、琉球漆器です。

陶器や磁器はもともと好きで、少しずつ買ったりしていたのですが、
漆器は高いというイメージがあり、また琉球漆器に関しては「派手」という印象しかなく、
わりと後になるまで、まったく無関心でいました。

しかし1度、間近に見、手に取ると、たちまちその魅力に取りつかれてしまいました。
鮮烈な赤。透明感のある黒。キュートな装飾。華麗なる螺鈿。
どこにもない、沖縄独自の漆器です。
沖縄の文化が1つの器に凝縮しているように感じました。

漆器の魅力と言えば、私は柔らかさだと思います。
お椀にしても、お箸にしても、唇に触れたときの感触は陶磁器にはないものです。
琉球漆器でいただくと、料理もひときわ美味しくなるような気がします。



写真は今回の沖縄旅行の戦利品(自分へのお土産)。
3.5寸の吸い物椀と、梅の形をした小皿です。
どうです、かわいいでしょう!?



今日のお昼はこれを使っていただきました。
沖縄で買ってきたナーベーラーを入れて炊いたお粥と、
自家製の豆腐の味噌漬けです。
質素な食事ですが、う~ん、なんとなくリッチな気持ちに♪
(栄養が足りてないのには目をつむってください!)

たいへん美味しゅうございました。
本日も、ご馳走様!


豆腐の味噌漬けは宮崎の郷土料理だそうです。
金壺食堂で食べた、台湾の豆腐ように似た味がします。
豆腐を何かに漬けて食べるという文化は、本土にもあったんですね。
[PR]
by harumaki-33 | 2007-09-09 00:19 | 雑記
<< ナーベーラーのぽたぽた焼き 沖縄再会の旅! >>