調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


術後5日
昨日、傷口に挿していたドレーン(管)を抜去。
穴状になってたドレーン跡を1針縫う。
傷口そのものはきれいにくっついているらしい。
(自分では見えない)

切った側(今回は右側)の頬がお多福のように腫れていたけど、少しずつ引いてきた。
肌の触感も戻ってきたけど、逆に「戻っていない部分」があるのが分かる。

どうしても神経を切っているので、口角の筋肉が思うように動かない。
「いーっ」としても、切った側だけ口角が下がらない状態。
(触感はある)
歯科治療で麻酔を受けたときに似ている。
これは時間が経てば「たぶん」戻るとのこと。
黙っていれば見た目ではわからない。

腫瘍と共に、顎下腺(唾液を出す器官)を一つ取っているけど、特別口のなかが渇くというようなことはなし。
残っているもう一方が頑張ってる模様。

創部の状態を見て退院が決定。
「金曜、いけるかなー?」とのこと。
もう少し!

===

f0070332_11244722.jpg

写真は病院の面会室から見える風景。
やっぱ東京タワー、かっこいい!
 
[PR]
by harumaki-33 | 2013-02-06 11:24 | 顎下腺腫瘍・覚書
<< 沖縄そばってなぁに? 顎下腺腫瘍・覚書 >>