調理師になるため沖縄に渡り、そして帰ってきた男の記録(主に食べ物日記)
by harumaki-33
カテゴリ
全体
雑記
沖縄そばの作り方、レシピ
沖縄料理のレシピ
日本料理
西洋料理
その他の料理
レシピ(未分類)
食堂覚書
顎下腺腫瘍・覚書
===
授業覚書
食べ歩き
ぶらぶら記
検索
最新のコメント
お久しぶりです。お買いに..
by 徳山みえ子 at 10:40
>徳山 様 こんにちは..
by harumaki-33 at 00:38
初めまして!素敵な漆器で..
by 徳山みえ子 at 23:03
はじめまして! 我が家..
by 零 at 18:31
おお、higaさん! お..
by harumaki-33 at 23:47
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


顎下腺腫瘍・覚書
f0070332_7304529.jpg

顎の下にしこりがあるのに気づいたのは、去年の9月下旬のことでした。
それからちょうど4ヵ月後に入院・手術。
その間のことを、覚書しておこうと思います。

写真は、手術に備えての断食後、36時間ぶりに食べた食事。
おいしかった……。
ご飯が食べられるって、本当にありがたいですね!

===

僕が今回、入院・手術したのは、「顎下腺腫瘍」の切除のためでした。
顎下腺とは唾液を作る器官で、そこが何らかの原因で肥大(腫瘍化)してしまいました。
悪性(癌)の場合もあるし、良性の場合もあります。
今回の場合、良性でした。
ほっ!

===

顎の下にしこりがあるのに気づいたあと、すぐに内科に行きました。
原因がよくわからず、耳鼻咽喉科、歯科外科などを受診し、抗生物質を飲み続けましたがなくならず、様子見状態に。

この段階だと、抗生物質でなくなる可能性もあるので、まだ手術して取るという判断が下しにくかったようです。

年が明けましたがしこりはなくならず、むしろやや固く、大きくなった感じがありました。
内科の先生に紹介され、形成外科に行き、そこでMRIを撮りました。
「MRIを撮れば一発でわかりますよ!」というので、
「最初から撮ってくれれば良かったのに」と聞くと、
「MRIは大きなところじゃないと撮れないし、お金もかかるし、まずは抗生物質を試してから。妥当な順番で来ていると思いますよ」とのこと。
うん、まぁ、たしかに。
いきなり「取る」とか言われたら、逆に「本当に取る必要あるの?」って思ったろうな。

ところがMRIの結果を見ても、このしこりがいまいちなんだかわからない。
「ここで(形成外科で)取ってもいいけど、万が一悪性だった場合を考えると、もっと大きいところで取ったほうがいい」と言われ、現在の病院を紹介されました。
ここにたどり着くまでに、6軒くらいまわりました。
お金もかかったよ(泣)

===

入院中の病院は総合病院で、頭頸部があります。
頭と首(頸)まわりを専門とする部門で、「ここではよく扱う症例ですから、安心してください」と言われました。

入院前検査では、改めて腫瘍が良性か悪性の検査をしました。
その判定によって、切る範囲を決定するからです。
良性なら小さく、悪性なら大きく。
切る範囲はなるべく小さいほうがいいですもんね。

ところがどうにも、この腫瘍くんがはっきりしてくれない。
生体検査(注射器で細胞を採って直接検査)までしても、「たぶん良性」というところまでしかわからない。
「なくはないけど、あまりないケース」とのこと。
「手術は良性の前提で行いますが、手術室でスピード検査して、悪性だったら拡張切開します」
悪性ではないことを祈るのみです。

===

そしていよいよ入院。
わりと平常心。
もっとドキドキするかと思ったけど、大人になったのかもしれません(笑)
この腫瘍も、ある意味「おっさんの証明」なのかな。
40代に多いと聞きました。

手術前日に入院して、改めて血液検査。
担当の先生、麻酔師、薬剤師の先生からもろもろ説明を受けて、あとは普通に過ごしますが、夜の9時以降から食事禁止。
飲み物も、水かお茶のみを500mlまで。
手術に備えます。

手術当日。
下着をT字帯(簡易ふんどし)に履き替え、術着を着て待ちます。
時間になると、車椅子でお出迎え。
手術室に入り、手術台に寝かされ、点滴と酸素マスクから麻酔を流されると、顔がややピリピリしはじめ、あっという間に意識がなくなりました。

麻酔の間も夢って見るもんですね。
友達と一緒になにか仕事の打ち合わせをしてて、これだ!
というアイデアを言おうとした瞬間、看護師さんに名前を呼ばれて起こされました。
「もう終わりましたよー」
時間を聞いたら、およそ3時間がたっていました。

「全部、無事に済みましたよー。どこか痛いところありますか?」
「やはり傷口と、あと喉と、お○ん○んが痛いです」
喉は肺に直接酸素を供給するために管を通した影響。
お○ん○んは、失禁予防のために管を通した影響でした。
「我慢してくださいねー」
「はーい」
って言うしかないじゃん(笑)

腫瘍は手術室でスピード検査して、良性と判断。
切開も必要最低の範囲で行ったようです。
腫瘍が見たかったけど、念のため精密検査に回されているようで、見れませんでした。

それから病室に戻って、寝たり、目が覚めたりの繰り返し。
24時間くらいは起き上がらず、じっとしていなければなりません。
早く朝来い、早く朝来いと念じましたが、
ふっと眠って、目が覚めても、まだ夜の10時。
本当に時間が長く感じました。

そして待望の朝になりました。
まず、例の「管」を抜いてもらい、自力で立ってトイレへ。
ああ、ごく普通に「する」ことが、こんなに幸せなことだとは!

人間はみな、健康でなければならない。
健康って素晴らしい! ありがたい!
と、心のそこから思いました。

手術して、切った部分に管がささっています。
傷口にたまった血を抜くためです。
この血の出る量が1日10cc以下になれば、管を抜いて退院。
目安だと、1週間〜10日ほどかかるそうです。
ふぅ。←いまここ。

===

顎の下にあったしこりは良性でした。
しかし放っておくと、25%の人が悪性化しているデータがあるそうです。
お金も少しはかかったし、痛い思いもしてるけど(しこり自体は痛くも痒くもなかった)、同じ病室には、僕のなんか病気とは呼べないくらい、重い症状の人がいます。
何事も早めの検査、早めの決断が大事なんだと思います。

これを読んでいる人も、いろんな事情もあるかも知れませんが、健康診断だけで安心せず、自分の体調は自分で把握して、おかしいと思ったら、どうかしつこく病院に行ってください。

なんつって、自分だって病院苦手ですけどね(^-^;
お金も時間もかかるし。
けど、健康には変えられないと思いました。

皆さま、どうかご自愛を。
皆さまの健康をお祈りしております。

最後に……看護師さん、偉すぎ!
俺の腫瘍を検査してくれてる、検査技師の人にも感謝!
ほんと、いろいろありがとうございますm(__)m
 
[PR]
by harumaki-33 | 2013-02-03 07:30 | 顎下腺腫瘍・覚書 | Comments(0)
<< 術後5日 晩ごはん >>